マーケティング全般

Snapchatでロイヤリティプログラムの宣伝!ジオフィルターを活用した事例

2011年のサービス開始以来、Snapchatの人気は伸び続けています。2016年の初めに、Snapchat上で1日に100億本の動画が視聴されているとSnapchatは発表しました。さらに2017年には広告収入が約10億ドルになると推定されています。

Snapchatがマーケティングに及ぼす影響は徐々に大きくなっています。同サービスが提供する機能を利用して、上手にキャンペーンを行いましょう。

Snapchatのジオフィルターを活用

世界最大のホテル企業の1つであるスターウッド・ホテル&リゾート(以下スター・ウッド)は、Snapchatに可能性を見だし、同社が提供するロイヤリティプログラム「スターウッドプリファードゲスト(SPG)」の宣伝にSnapchatを試用しています。

スターウッドは、Snapchatユーザーが「スナップ」に適用できる「SPGジオフィルター(位置情報ベースのフィルター)」を作成しました。このジオフィルターは世界中に点在するスターウッドホテルのどこかに滞在すると使えます。

ジオフィルターについて⇒https://www.snapchat.com/l/ja-jp/geofilters

押しつけがましくないキャンペーンが可能

Snapchatを使うことで、スターウッドはユーザーが押しつけがましいと感じることなく、ロイヤリティプログラムを利用できるようにうまくバランスを取ったのです。

この例は企業がソーシャルメディアを利用すると、自社プログラムの認知度とエンゲージメントを簡単に高めることが可能であると実証しました。

Snapchatユーザーの45%が18~24歳です。Snapchatを利用したマーケティングは、若い世代にアピールするチャンス。特に若年層は閲覧の邪魔になる広告を嫌う傾向にあります。今回のようにソーシャルメディアとキャンペーンを融合した手法は、若い世代に効果があるのです。

まとめ

ソーシャルメディアを利用したキャンペーンの魅力は、ユーザーが好きなプラットフォームを利用している延長でキャンペーンに関与できること。ジオフィルターのように、ユーザーが利用して楽しい方法でキャンペーンを行いましょう。

参照元:Marketing Tech
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. eコマースビジネスを急速に成長させるには
  2. SNS利用動向に見るこれからのソーシャルメディアマーケティング
  3. オンラインで顧客サービスをパーソナル化するための6つのヒント
  4. 2大トレンド「パーソナライズ」と「動画」を取り入れたパーソナライ…
  5. TwitterをAIで解析する「Reaction Monitor…
  6. 10代女性の3割が、インスタグラムを情報検索手段として活用してい…
  7. まるでショーウィンドウ?ピンタレストのトップに製品をディスプレイ…
  8. 【取材】技術屋に学ぶモノづくりの心!テクノロジーの先にあるもの

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行