マーケティング全般

消費者に寄り添ったサービスでビジネスに違いを出す5つのポイント

消費者に寄り添った対応やサービスがその他大勢から抜け出し、消費者をお得意様にするカギです。ソーシャルメディアが活発化し消費者との距離が近くなり、さらに企業の存在感を増す方法が必要になりました。

FacebookのメッセンジャーやTwitterのダイレクトメールで直接消費者の話を聞けるようになった一方、消費者に対する適切な対応を求められる場面が多くなりました。そこで今回は、引用元のSmall Business Trendsで提唱された消費者に寄り添ったサービスに必要なポイントを紹介します。

消費者に寄り添った対応、5つのポイント

信頼性
パーソナライズには信頼性が必要不可欠です。ソーシャルメディアでもカスタマーサービスでも消費者と接するのは、信頼感が持てる人物を選びましょう。さらに消費者と接するときに、本名とメールアドレス(カスタマーサポート用)を提示されると消費者は安心感を抱きます。

おもてなし
もてなしの良い人物は話しやすい雰囲気を抱かせます。従業員にポジティブな姿勢で消費者に接するように教育しましょう。

共感力
消費者の気持ちを理解し分かち合う共感力が大切です。消費者に問題が起これば謝罪し、理解を示しましょう。

献身的な態度
消費者に満足してもらうルールブックはありません。企業が消費者に献身的に尽くして欲しいなら、企業も消費者に尽くす必要があります。

フレンドリー
消費者に合わせたサービスには一定のフレンドリーさも重要。ソーシャルメディアは顔が見えないからこそ、話しやすさが消費者の心を開くカギです。

まとめ

今回紹介したことは、ソーシャルメディアでコンテンツを投稿するときにも役立つポイントです。消費者に寄り添ったサービスやコンテンツでお得意様を増やしましょう。

参照元:Small Business Trends
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 大型商品をドカンと売り出す時には「プロダクトローンチ」を使え!
  2. 過去10年でコンテンツマーケティングはどう変わったか
  3. オンラインでの購入はモバイルファースト
  4. ポッドキャストをマーケティングに活用。おすすめポイント3選
  5. リーボックのユニークなインフルエンサーマーケティング
  6. 「パーソナライゼーション」と「ターゲティング配信」でメールマーケ…
  7. SNSをコンテンツマーケティングに活用するために
  8. 話題の写真アプリsnowとは?ビジネス利用は?

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行