デジタルマーケティング

ツイッター新機能「モーメント」登場。関連情報をまとめてユーザーの関心を引く

ツイッターは2016年9月28日、使用を制限していた「モーメント機能」を、すべてのユーザーが使用できるようにしたと発表しました。
中にはさっそく、モーメントをマーケティングに取り入れているマーケターもいます。今回はモーメント機能を使って、顧客とのつながりを増やす方法を紹介します。

話題を一カ所に集めるモーメント機能

モーメントは共通の話題を1つにまとめる機能です。例えばあなたが新製品のピザに関するモーメントを作成すると、そのピザに関する他ユーザーのツイートがモーメントの中にまとめられます。

毎日何億という数の新しいツイートがツイッターにあふれ、欲しい情報を探すのは簡単ではありません。モーメントは検索する労力を抑え、特定の話題を見つけやすくしてくれる機能です。

モーメント活用事例

画像出典元:@Ashread_

画像出典元:@Ashread_

新製品情報サイト「Product Hunt」は、スナップチャットが発表したカメラ付きサングラスのモーメントを作成しました。このように、企業の特徴に合わせてモーメントを利用することが多いようです。

企業に関すること、またはターゲット層の興味をそそるニュースでモーメントを作成し、ユーザーの関心を引きましょう。まずはターゲット層が何に関心を持っているか見極めることが大切です。取り上げる話題が決まったら、その話題に関するツイートも厳選してモーメントを作りましょう。

まとめ

ツイッターのモーメント機能は、関連した情報を1つの場所にまとめるマーケティングに有効な機能です。プロモーションを行う製品やサービスに関係することをまとめて共有するなどして、モーメント機能を活用してください。

参照元:Twitter
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 動画を持たなくても動画広告による収益化を可能にする「MovieA…
  2. Facebookが2017年の実績を発表
  3. 消費者に寄り添ったサービスでビジネスに違いを出す5つのポイント
  4. Movable Type新バージョンの提供でOpenSSLの脆弱…
  5. 各ソーシャルメディアが類似した機能をもつ傾向に。プロモーションを…
  6. 業務を軽減する「チャットボット」、作成ツールを利用して予算を抑え…
  7. TwitterがTVチャンネル化しつつある
  8. 正しくAMPは設定されてる?Googleの新テストツールでサイト…

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行