デジタルマーケティング

Airbnb成功のカギは、地元の人と協力し良質なコンテンツを生むこと

Airbnbは空き部屋を貸したい人と、短期間泊まれる宿泊場所を探している旅行者をマッチングさせるサービス。2008年に設立され、現在では192カ国で50万以上の宿泊施設が登録されている大規模サービスに成長しました。

Airbnbが世界的な企業に成長したのは、デジタルマーケティングテクニックに秘密があります。25億ドルの収益をあげる現在でも、マーケティングツールを駆使して顧客とのつながりを深めることに余念がありません。
彼らは世界中のユーザーと協力して、地域に密着した独自性を持ち、顧客に関連のあるコンテンツをシェアすることに注力しています。

地元の人が良く知るエリア情報を発信

AirbnbはNeighorhoodという町の案内サイトを立ち上げています。地元の人がよく訪れるエリアを聞き取って分類し、その場所に関連のあるタイムリーな情報を旅行者に伝えることを目的にしたサイトです。

ユーザーは町の情報を確認するため何度も案内サイトを訪問。エンゲージメント率は大きく上昇しました。
さらに案内サイトで紹介されているエリアには、Airbnbで利用できる近隣の宿泊施設を記載。旅行者には外せないお役立ちサイトになりました。

地元フォトグラファーに写真撮影を依頼

Airbnbが重要視していることは、サイトに掲載される画像のクオリティの高さ。離れた地域でも美しい写真を集められるように、6カ国で3000人を超えるフリーのフォトグラファーと契約しています。

貸し手が宿泊施設の写真を撮ってほしいときは、無料でフォトグラファーに撮影してもうことが可能。このシステムの利用で宿泊施設はユーザーの目に魅力的に写り、予約が埋まりやすくなるため貸し手には大きなメリットがあります。

まとめ

遠方の情報などが欲しいときは、地元の消費者に協力を仰ぐとより良質なコンテンツが生みだされます。顧客が信頼するのは、関連性と独自性が高いコンテンツです。
各都道府県の情報を発信するなら、地元のインフルエンサーなどと協力すると良いでしょう。

参照元:Powered by Search
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 完璧なタイミングでニュースレターを送るための4つのヒント
  2. カーナリー・ジャパン株式会社と株式会社ニューズ・ツー・ユーが、新…
  3. ARとVRは今後ますます日常生活の一部に
  4. 小売業向けに効率化された「see-port Analysis」が…
  5. facebookがモバイルサイトのパフォーマンス改善ソリューショ…
  6. ビデオを使ったストーリーテリングの4原則
  7. Facebookが企業向けSNS「ワークプレイス」を開始
  8. Pathって何?日本では流行するの?

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行