マーケティング全般

ネイティブ広告は「素人感」を意識!ユーザーのストレスを減少するアイデア

画像や文章などのコンテンツに溶け込み、広告と感じさせないネイティブ広告。広告がコンテンツに馴染んでいるため、消費者に受け入れられやすいことが特徴です。
ネイティブ広告に適した画像とはどのようなものでしょうか。キーワードは「素人感」です。

コンテンツに溶け込むネイティブ広告

ネイティブ広告とは、記事と広告を自然に溶け込ませた広告と感じさせない広告のこと。宣伝が強く押し出されているバナー広告に比べて、広告効果が高いということで注目されています。
スマートホンの小さな画面でも見やすく、モバイルデバイスの使用率が高い現代にマッチした広告の形です。

素人感のある画像でコンテンツに溶け込む

タコベルはアメリカ初のファースト・フードチェーン店。ネイティブ広告を上手く利用している会社の1つです。
ほとんどの会社が広告感の強い目立った写真を使っている中、タコベルがLive Másキャンペーンで使用した広告画像は全くコンセプトの違うものでした。

タコベルはリラックスした雰囲気で目立ちすぎず、撮影技術は素人っぽい写真を広告に採用し、親しみやすいと好評を得ました。素人感のある写真がコンテンツにマッチして、ユーザーは友達の投稿を見る感覚で広告を見ることができたのです。

まとめ

コンテンツに自然に溶け込むネイティブ広告は、目立ちすぎる画像を使うとネイティブ広告の利点を損なう場合があります。素人っぽい写真は自然体でユーザーに受け入れられやすいと人気です。広告用の写真もコンテンツに溶け込むものを採用しましょう。

参照元:CIO
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 米国企業の予算の11.1%がマーケティングに費やされている
  2. 2017年の顧客体験を高めるトレンド!音声検索などモバイルと個人…
  3. Twitter広告の運用を完全自動化する「Keywords Bo…
  4. 2018年を制するデジタル広告のトレンドはこれ
  5. B2B向けマーケティングにLinkedinを用いる効果
  6. 製品紹介に最適なインフルエンサーの見分け方。ジャンル外の人材も視…
  7. リンクやビデオ、アプリを広告に。ピンタレストが新しい「Promo…
  8. サイト未訪問者にも「Facebookダイナミック広告」の配信が可…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行