Webマーケティングニュース

LINEとワークスモバイルがビジネスチャットを提供予定

LINEと、LINEの兄弟会社であるワークスモバイルジャパン株式会社は、法人向けコミュニケーションツールを2017年春に展開開始すると発表しました。LINEとワークスモバイルは10月12日に事業提携契約を締結しており、それぞれの強みを生かした新たなコミュニケーションツールを開発するとのこと、その動きに注目が集まります。

「Works Mobile」とは?

ワークスモバイルは2016年1月から、法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」を提供しています。「Works Mobile」はただ操作が簡単なだけではなく、法人にとって重要なセキュリティ機能も搭載しています。

linebusiness

ワークスモバイルは公式サイトにて、この「Works Mobile」のメリットを大きく7つに分けて紹介しています。「PCを開けない環境でもメッセンジャーやカレンダー等のすべての機能がすぐ利用できる」「既読機能により、確実に情報を共有できているかを確認できる」「メンバーの予定確認が簡単」といったLINEと似た機能が紹介されていますが「Works Mobile」の強みは、ビジネス利用も安心のセキュリティにあるようです。

モバイル端末の紛失・盗難時に、情報漏洩を防ぐ「遠隔削除機能」やモバイルアプリでのデータ閲覧期間設定、詳細に閲覧できるユーザー情報等を搭載し、セキュリティ国際認証取得済みの安全・信頼のシステムで運用しています。

このレベルの高い情報管理、セキュリティシステムと技術を、気軽に簡単に使用できるLINEと掛け合わせ、さらにスムーズなビジネスコミュニケーションの実現を目指すツールは、2017年春より提供予定です。

 
参照元:ワークスモバイルジャパン株式会社
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ピンタレストがビジュアル機能強化。画像を使ってショッピングを手軽…
  2. 10代女性の3割が、インスタグラムを情報検索手段として活用してい…
  3. コスメブランド「メイベリン」も取り入れた。Instagramイン…
  4. Twitterがファーストビュー動画の効果検証結果を発表
  5. 吉本にTGC。インフルエンサーマーケティングが続々と事業化
  6. 企業が消費者の生活の一部に?SNSでユーザーとの交流を促進した事…
  7. Instagram、写真・動画広告フォーマットのサイズを縦長に対…
  8. マーケティング自動化ツール「SATORI」の全機能を試せる無料サ…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行