デジタルマーケティング

ポイントはユーザーとの交流!スターバックスも実践するソーシャルメディア活用法

ソーシャルメディアのおかげで、世界中の企業が個人レベルで消費者と接する機会が増えました。
実際にソーシャルメディアを利用して成功する企業は、ユーザーと感情面で結びついて関係を長持ちさせる方法を熟知しています。

今回はソーシャルメディアマーケティング活用して、ユーザーと効果的に交流した事例を2つ紹介します。

参加型コンテンツを活用する

ユーザーにもコンテンツ作成に参加してもらいましょう。彼らはキャンペーンに携わっていると感じることで、素晴らしいアイデアをだしてくれます。

2014年、スターバックスはWhite Cupコンテストを開催。スターバックスのカップに好きな模様やイラストを描いて、写真を送付するようユーザーに呼びかけました。入賞者のデザインは限定品としてスターバックスで使用されます。
結果として、3週間で4000件近くの応募が殺到。ユーザーが作成したコンテンツが企業と消費者の溝を埋めたのです。

ユーザーが企業のコンテンツを気に入れば、彼らは友達にコンテンツをシェアしてくれます。知り合いの知り合いにどんどんシェアされて、多くの人の目に留まるのです。

宣伝ということを強く出さない

ソーシャルメディアで行うマーケティングは、オリジナリティがあって面白いことが必須。分かりやすい宣伝だと単調に見えて、集客力もイマイチです。
宣伝が強く出てしまうのは禁物ですが、興味をそそるコンテンツでユーザーを惹きつけましょう。

例えばスケートボードサイト「Shralpin」は、スケボーに関するハウツーを発信してユーザーから人気を集めています。
まずはユーザーが必要としている情報をソーシャルメディアに投稿して、ファンを獲得しましょう。ユーザーの支持を集めれば、利益はそのあとついてきます。

まとめ

紹介した企業のようにソーシャルメディアを効果的に利用すると、マーケティング戦略に大きなインパクトを与えてくれます。ソーシャルメディアを工夫して利用することが、ソーシャルメディアマーケティングで成功するポイントです。

参照元:Search Engine Land
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング
  2. ソーシャルメディアのROIを計算する方法
  3. 日本経済社が、Google Analyticsを活用したCRMの…
  4. ブログホームページの作り方
  5. ソーシャルメディア上で観光スポットの話題量を測定する新サービス開…
  6. LINEでおすすめ商品を顧客別にメッセージ配信するサービスが提供…
  7. LINEがユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Resea…
  8. 正しくAMPは設定されてる?Googleの新テストツールでサイト…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行