Webマーケティングニュース

Google AdWords、Click-to-message adsを近く導入予定

現在Google AdWordsでは、Google検索結果に表示されるサイト情報から電話のアイコンを押すと直接電話を掛けることができる、電話番号表示オプションを選択可能です。
この機能に加えてGoogleは新しく「Click-to-message ads」を追加することを発表しました。電話番号表示オプション同様、検索結果に表示されるメールアイコンを押すことで企業と消費者が直接メールのやりとりができる機能です。

現在はテスト段階ですが、すぐにベータ版を公開することが発表されています。

テキストメッセージでクリック率の向上が見込める

Click-to-message adsを活用が導入されると、電話番号表示オプションでは繋がることが難しかった消費者とコンタクトをとる機会ができます。
消費者の中には一定数、電話をかけることが苦手な人がいます。テキストメッセージなら気軽に質問できるため、需要が高まるでしょう。

Google Adwordsは電話番号表示オプションを使用することで、4~5% のクリック率向上が期待できると伝えています。Click-to-message adsの利用で電話を敬遠していた層を取り込み、さらなるクリック率の向上が見込めます。

SMSアプリで消費者と連絡をとる

画像出典元:Google AdWords

画像出典元:Google AdWords


使い方はいたってシンプルです。画像のようにメールアイコンをクリックすると、携帯のSMSアプリが自動でオープン。メッセージを送付してきた消費者とやりとりをします。

企業は消費者がメールアイコンをクリックしてSMSを開いたときに、事前に好みの文章を自動入力しておくことが可能です。
例えば企業によって「〇月〇日に予約したいです」や「〇〇が欲しいです」のように、あらかじめ質問内容を予測できる場合があります。事前に文章を設定しておくことで、消費者の手間を減らしエンゲージメント率を上げることができます。効果的に活用しましょう。

またClick-to-message adsは、キャンペーンなどで一定期間中のみ表示させることも可能。イベントで消費者との連絡手段を増やしたいときだけ使用することにも役立ちます。

まとめ

Click-to-message adsは、数週間後に世界で公開すると発表されています。公式からの通知を待ちましょう。

参照元:Google AdWords
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. クロールエラーってなに?評価を下げないために把握しておくべき種類…
  2. カンバセーショナルマーケティングとは?顧客と対話して関係強化
  3. LINE@を活用したビジネス活用事例
  4. はてな「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」をスタート
  5. サイバーエージェントが子会社を新設しVR関連の開発・運営を開始へ…
  6. SNS×eコマース!ソーシャルコマースでショッピングの魅力が拡大…
  7. シニア層向けのスマホ対策がマストな時代|シニアとデジタルモバイル…
  8. コンテンツマーケティングで過剰な宣伝感はNG?顧客目線で価値を提…

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行