Webマーケティングニュース

Facebookが企業向けSNS「ワークプレイス」を開始

Facebookは10月10日に企業向けのSNS「ワークプレイス(Workplace)」の提供を開始しました。この企業向けSNSは2015年1月にリリースされた「フェイスブック・アット・ワーク」と同じものであり、すでに1000社で試験運用が行われてきました。「ワークプレイス」の機能は通常のFacebookとほぼ同じですが、Facebookからは独立したサービスとのことです。

「ワークプレイス」で社内コミュニケーションを活性化

この「ワークプレイス」はFacebook社内で利用されていたものであり、仕事の生産性が実際に高まったようです。一般向けのFacebookからは独立したサービスなので、Facebookアカウントを持っていなくてもログインができます。

使える機能は一般向けのFacebookとほぼ同じで、ニュースフィード、イベント、メッセージ、写真共有等があります。「ワークプレイス」は社員間でただメッセージをやりとりするだけではなく、採用や募金活動にも使われてきています。

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは自身の投稿で「ワークプレイスは企業らがオープンなカルチャーを創出することを助け、人々が体験をシェアする効果をもたらします」「職場で何が起こっているのかを理解し、同僚たちと分かり合うことが、より良い実績を生み出すのです」と述べ、「ワークプレイス」による社内コミュニケーションが、生産性をアップさせるということをアピールしました。
 
参照元:Facebook
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 国内動画広告の市場規模が大幅拡大。スマートフォン需要が全体の7割…
  2. VRにウェアラブルデバイス。CESで話題になったトレンドトピック…
  3. 適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for P…
  4. 自社のSNS炎上を回避!ソーシャルリスニングの具体的方法とは
  5. 約半数は「最初はオフラインで」。Criteoの旅行予約に関する意…
  6. TwitterとFacebook、メッセージ機能の新サービス導入…
  7. マーケティングで「ソーシャルメディア」と「メール」を同時に活用す…
  8. 地産地消型の広告「47都道府県バナージャック」が提供開始

ピックアップ

AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」がインバウンドで活躍

訪日外国人向けのサービスの向上に役に立つAI通訳機の販売がはじまっています。日本のインバウンド市場の…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行