デジタルマーケティング

Spotifyが広告配信サービス「Branded Moments」のベータ版を公開

スマートホン片手にアプリを開くだけで簡単に音楽が聴けるようになり、運動や通勤、ゲームをしているときなどシチュエーションに合わせて音楽を選ぶことが普通になりました。

2016年9月、待望の日本上陸を果たした音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、新しく「Branded Moments」という広告サービスを発表。ユーザーが音楽を聞くタイミングや、選ぶカテゴリに合わせた広告を配信できるエンゲージメント率の高いサービスです。

無料で4000万曲にアクセス可能な世界最大級の音楽配信サービス

Spotifyは有料と無料、2種類のサービスをユーザーに提供しています。
有料会員は月額料金を払って広告などの制限なく音楽を視聴可能。無料会員は有料会員同様Spotifyが配信する4000万曲以上の音楽を視聴できますが、音楽を2~3曲視聴するたびに広告が流れます。

制限があるものの無料で有料会員と同様に4000万曲にアクセスできるとあって、無料会員が7000万人以上いることもSpotifyの特徴です。

ユーザーの好みに合わせた広告配信を実現

今回Spotifyが打ち出した新しい広告サービスは「Branded Moments」といって、縦長広告を1度見ればユーザーは30分間は広告なしで音楽を聞けるというもの。

数曲聞くと広告を視聴しなければいけなかった無料会員にとってお得なサービスですが、広告を配信する企業にもメリットがあります。

ユーザーはカテゴリやテーマが決まったプレイリストから、好みのものを選んで再生します。例えば「運動中に聞きたい曲」というプレイリストを再生しているユーザーには飲料水の広告を流すなど、ユーザーにマッチした音楽配信が可能。企業のターゲット層とマッチしたプレイリストやカテゴリで広告を配信することで、高いエンゲージメント率を実現しています。

まとめ

Spotifyはアクティブユーザー数が1億人を超える世界最大級の音楽ストリーミングサービスです。Branded Momentsは2016年10月14日にベータ版として発表されたばかりですが、Spotifyを広告配信先の候補にする価値はあるのではないでしょうか。

参照元:Spotify
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 野村證券が店舗受付に人工知能ロボットを導入
  2. 共有されやすい動画のポイントは?「引き出す感情」と「再生時間」
  3. ワクワク感を売るビジネス?
  4. ヤフーがIoTプラットフォーム「myThings Develop…
  5. 今更聞けない!「ペルソナ」の作成方法・手順について解説!
  6. 効果的で手ごろなリード生成の4つのヒント
  7. Twitterの#GoLive機能とは?
  8. Webマーケティング初心者がまず手を着けるべき5つの方法

ピックアップ

ARとVRは今後ますます日常生活の一部に

ARは拡張現実、VRは仮想現実の略です。今ではARもVRも決して珍しい言葉ではなくなりました。ARは…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行