Webマーケティングニュース

正しくAMPは設定されてる?Googleの新テストツールでサイトチェック

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略で、GoogleとTwitterが共同開発しているモバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのHTML規格のこと。

AMPをモバイルサイトに実装すると、通常の記事の4倍の速さで表示されます。Googleがモバイルフレンドリーなサイトを評価すると発表しているので、注目しているサイトオーナーも多いのではないでしょうか。

実際にAMPが正しく設定されているか気になる方のために、Googleが公開した新しいAMPテストツールを紹介します。

AMPを実装する利点

AMPを実装したモバイルサイトは通常のページに比べてデータ量が1/10、表示速度が4倍に。
Googleの評価項目に表示速度の速さがあるため、AMPを実装したモバイルサイトは評価されやすくなるでしょう。

さらにAMP対応サイトの一部は、モバイル検索結果に出てくるカルーセルの中に記事が表示されます。カルーセルはモバイル画面上部に出るため、アクセス率が上がるというメリットもあります。

GoogleのAMPテストツールの使い方

Googleが公開した新しいAMPテストツールは次のリンクからアクセスできます。
https://search.google.com/search-console/amp

リンクにアクセスしたら、まずは「テストするURLを入力」と表示されているボックスにAMPを実装したページを入力しましょう。URLを入力するとAMPページを分析して、AMPが有効かどうか、問題がある箇所、修正すべき箇所の詳細などを教えてくれます。

エラーのあるソースコードがハイライトで表示されるので、視覚的に分かりやすく使いやすいデザインです。

まとめ

GoogleはAMP対応ページを増やしたいと公言しています。ですがAMPは2016年2月24日にGoogle検索で対応が開始されたばかりの新しいプロジェクトで試行錯誤しているサイトオーナーも多いはず。AMPが正しく設定されているか悩んでいる方は、AMPテストツールを活用してください。

参照元:Google Webmaster Central Blog
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 【アクセス数UP】インフルエンサーマーケティングにSEOの知識を…
  2. LINE@を活用したビジネス活用事例
  3. O2Oリアルタイム訴求「toSTORE」
  4. 小売業向けに効率化された「see-port Analysis」が…
  5. アライドアーキテクツが「Birthday Press」を運営する…
  6. 企業が消費者の生活の一部に?SNSでユーザーとの交流を促進した事…
  7. ニールセンデジタルが「Twitter」の広告視聴率測定を日本でも…
  8. Twitterがファーストビュー動画の効果検証結果を発表

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行