Webマーケティングニュース

Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「Session Quality Score」を発表

米Googleは2016年9月28日、アナリティクスのプラットフォームをアップデートすることを発表しました。中でも注目が集まっているのは、オプティマイズ360の無償版と新機能Session Quality Scoreです。

マーケティングツール「オプティマイズ360」の無償版を発表

オプティマイズ360は企業向けのサービスとして2016年3月に発売。このサービスを利用すると、サイト管理者はソースコードを変えずにランディングページをテストできます。

今回発表されたオプティマイズは、オプティマイズ360の無償版。アナリティクスのアカウントを持っている人は誰でも、一部機能制限付きでオプティマイズ360の機能を使えます。
無償版のオプティマイズもA/B テスト、多変量テスト、リダイレクト テストなどテストツールが充実。企業のターゲット層にパーソナライズしたサイト作りに役立ちます。

現在オプティマイズは、事前登録受付中。利用を希望する方は、下記リンクから事前登録をしてください。
https://optimize.google.com/optimize/signup/

購買の可能性を予測する「Session Quality Score」

Session Quality ScoreについてGoogleは「サイト訪問者やアプリ利用者が製品を購入する確率を予測するサービス」と述べています。購入予測は、ユーザーの過去の行動や似たようなユーザーのデータ、その他無数の要因から導き出されるとのこと。「スマートゴール」と同じ機械学習技術を採用しています。

この新機能を利用して、企業のターゲット層に適したプロモーションができているかチェックしましょう。よりターゲット層にアプローチした計画を立てることができます。

まとめ

マーケティングでは、パーソナライゼーションとエンゲージメント率の重要性が増加しています。今回Googleが発表した新機能は、特定層に向けたマーケティングを支えてくれる機能が多数。ニッチなターゲット層を設定している企業こそおすすめのサービスです。

参照元:Google Analytics
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 見込み客をランキングする、リードスコアリング
  2. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  3. 固いイメージを払拭。コンサルティング企業のマーケティングテクとは…
  4. マーケティングで「ソーシャルメディア」と「メール」を同時に活用す…
  5. 凸版印刷がMAと連動したDM自動発送サービスを開始
  6. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  7. IoT デバイスは、どのように保護されるのか
  8. コンバージョンを上げるための効果的な動画広告の作り方

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行