デジタルマーケティング

スターバックスに学ぶ季節に合わせたマーケティングで注目を集める方法

ソーシャルメディアマーケティングの重要性は、日に日に大きくなっています。ユーザーが企業のコンテンツをシェアすること、企業の製品を購入してコンテンツを投稿することで、大幅な売上増加が期待できるのです。
ソーシャルメディアに力を入れたマーケティングを行う企業は多数。中でも「スターバックス」は製品に季節感とおしゃれさを取り入れることで、ユーザーに注目されています。

ソーシャルメディアでシェアされて売上アップ

アメリカのスターバックスで、ハロウィンを意識した「Pumpkin Spice Latte」が発売されました。このラテは瞬く間にインスタグラムとFacebookで拡散され、ラテの写真が多数アップロードされたのです。その投稿を見たユーザーが製品を購入し、写真を投稿するという良い循環が続いています。
引用元のAdvertising Ageでは「毎年のこと」として、コメント数やいいね!の数の多さを記事で伝えました。

季節感を取り入れた製品がカギ

もともと、フォトジェニックで写真を投稿される確率の多いスターバックスの製品ですが、季節ものの製品が発売されると投稿数は爆発的に伸びます。いつもと違う雰囲気の珍しさや限定感が、ソーシャルメディアに投稿したいと思わせるのです。
ソーシャルメディアに投稿している内容にも季節感を演出して、ユーザーとより深いつながりを持つことがマーケティングを良い流れに導きます。

まとめ

季節感を出したマーケティングは、季節限定の新製品を発売するだけではありません。例えば飲料水販売企業の場合は、製品を使ってハロウィン風にアレンジしたレシピをソーシャルメディアに投稿するというアイデアもあります。
季節を意識した投稿で、企業の存在感をアピールしましょう。

参照元:Advertising Age
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ホリデーキャンペーンにはインフルエンサーがおすすめな理由
  2. Instagram、ストーリー内の広告適用範囲を世界的に拡大
  3. WEB接客プラットフォームSprocket
  4. Pathって何?日本では流行するの?
  5. 米ヤフーがコンテンツマーケティング支援会社「Storytelle…
  6. 【コラム】オウンドメディア運用における、SEO記事とバズる記事の…
  7. Facebook、ニュースフィードの新アルゴリズムを発表
  8. 昔ながらのマーケティング手法をSNSに使ってみよう

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行