Webマーケティングニュース

モバイルページの表示速度がエンゲージメント率に影響。改善方法とは?

モバイルページのアクセス数が伸びないと悩んでいませんか?Googleの調査によると、モバイルページの表示速度がユーザーのエンゲージメント率に大きく影響しているとのことです。Googleが10,000万個のモバイルサイトを対象にページの表示速度を調査したところ、ほとんどのサイトが表示速度の基準を満たしていませんでした。3G通信下で、モバイルページを表示するロード時間は平均19秒と極めて遅い表示速度を示しました。

表示速度が速いほど収益につながる

Googleはページの表示速度が遅いサイトはエンゲージメント率が大きく落ちると指摘しました。実際に、モバイルページのロード時間が19秒のサイトより、ロード時間が5秒のサイトの方が広告収入が2倍になるという結果がでました。さらにロード時間が5秒のサイトは、広告のビューアビリティが25%も高いとGoogleの調査で伝えらています。また、半分以上のサイト訪問者がロード時間に3秒以上かかるとページを閉じると回答しています。

ユーザーがサイトを訪問しても何も見ずに帰ってしまっているという状況は、マーケターにとって頭を悩ませる問題です。

画像の見直しで表示速度を改善

実際に何がモバイルページの表示速度を遅くしてしまっているかというと、一番の原因は画像サイズの場合が多いとGoogleは伝えています。調査によると、モバイルページで使用されている画像サイズの平均は1.49MB。このサイズの画像を表示させる場合、3G通信下だと7秒もロード時間がかかってしまいます。

画像サイズの大きさを気にせず使用している場合は、この機会に画像サイズを見直してはいかがでしょうか。

まとめ

モバイルページのアクセス数やエンゲージメント率が思うように伸びない場合は、表示速度が原因かもしれません。画像のサイズなどを見直して改善しましょう。

参照元:Marketing Tech
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ドン・キホーテが顧客満足度向上を目的として、ツイッターやSNSの…
  2. DACとゲートウェイがVRコンテンツの制作・配信・分析サービスを…
  3. 中小企業に朗報!ONLY STORYが「社長編集機能」追加
  4. 没入感の高いFacebookの360度動画コンテンツ3選
  5. 初心者向けコンテンツは危険?読まれにくいソーシャルメディアのコン…
  6. 2018年にデジタルマーケティングに起こりそうなこと
  7. 2017年欧米のコンバージョン最適化レポート
  8. マーケティング部門がAIで直面している4つの障害とは

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行