Webマーケティングニュース

LINEで商品の値下げ、再入荷情報の自動配信が可能に

2016年6月7日、マーケティングソリューションのエイジアが、ECサイトでユーザーに気に入った商品の値下げ、再入荷情報をLINEで自動配信できる機能を発表しました。この機能は「LINEビジネスコネクト」を活用した既存のパーソナライズメッセージ配信システム「WEBCAS taLk」に新たに追加されることとなります。

WEBCAS taLkについて

「WEBCAS taLk」とは、エイジアの開発製品であるe-CRMシステム「WEBCAS」シリーズのラインナップの一つです。企業データベースとLINEアカウントを連携することにより、絞り込んだターゲット顧客に対してLINEでメッセージを配信することが可能となっています。配信後にはクリック率やコンバージョン率の取得も可能となっており、マーケティング効果も分析できる仕組みです。

LINEビジネスコネクト

トリガー型オートメーション配信

今回新たに追加された機能は「トリガー型オートメーション配信」という機能です。この機能を利用することで、お気に入り登録された商品の値下げや再入荷の情報を自動配信することが可能となります。しかも画像付きでタイムリーに通知できることから、非常に高いクリック率やコンバージョン率が期待できるでしょう。

まとめ

お気に入り商品が品切れの際に、再入荷情報をタイムリーに配信してくれるというのはユーザーにとって非常に嬉しいサービスです。更にこの新機能の活用方法はECサイトに限らず、お気に入りアーティストの最新情報や不動産会社での条件にマッチした新着物件情報の配信など、多様な用途での活用が期待されます。この新機能の登場により、LINEを利用したマーケティングの幅が一層広がっていくことになるでしょう。

参照元:エイジア
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. オウンドメディア運用に使える「BiND for WebLiFE*…
  2. 「SITE PUBLIS 4 Static Deploy Edi…
  3. 人工知能「AIアナリスト」約8割のサイト改善を実現
  4. マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング
  5. LINEがユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Resea…
  6. Facebookページでサービスを視覚的に紹介できる新機能が追加…
  7. Spotifyが広告配信サービス「Branded Moments…
  8. 個人アプリ開発者向け動画広告枠「viidle」が提供開始へ

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行