マーケティング全般

DMARCとは?Gmailなどの方針変更でメールマーケティングに及ぼす影響

ブランドや会社の名前を名乗っているけれど、どこからきているか定かではないメールを受け取ったことはありませんか?そういった「なりすましメール」が受信箱に入らないように、多くの場合にメールに認証システムが導入されています。マーケターがメールマーケティングを行う上ではこの認証システムの理解が必要。特に、Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance (DMARC)は今後重要になるシステムです。

DMARCとは?

DMARCはSPFとDKIMといった既存の認証技術を利用したプロトコルです。メールの信ぴょう性の判定や名乗っている場所から実際にメールが届いているかの検査を行います。元々、なりすましメール防止のために作られたプロトコルですが、システムの複雑さもあって、正しい方法をとらなければマーケターのメールが消費者に届かないという現象を引き起こします。
多くのメールプロバイダがDMARCの方針をそのまま取り入れる中、MicrosoftとGmailは今年中にDMARCに独自方針を加えると予定しています。この方針は、マーケターが消費者にメールを送信するときに直に影響があるものです。

新方針では、@gmail.comはGmailのプラットフォームから、@outlook.comや@hotmail.com、@live.com 、@msn.comはMicrosoftのプラットフォームでしかメールを送付することができません。Yahooはすでにこの方針を取り入れていて、@yahoo.comのメールアドレスが送付できるのはYahooのプラットフォームからのみです。

メールマーケターに及ぼす影響は?

この方針が実装されると、マーケターはメールマーケティングで管理をしやすい外部のサービスを利用してGmailとMicrosoftのアドレスを使用することができなくなります。保有しているドメインを使用する場合は問題ありません。大半の企業は独自ドメインのメールアカウントを保有していますが、小さなブランドには大きな影響を及ぼすでしょう。
しかしながら、DMARCの基準に従うことで、マーケターが送信するメールの信頼度が高まるという利点があります。

まとめ

GmailとMicrosoftがいつDMARCの方針を更新するのか決まっていませんが、今年中と明言しています。GmailやMicrosoftのメールアドレスをビジネスで使用しているマーケターは、独自ドメインのメールを取得する必要があります。
DMARCの方針に準拠することで、企業が送付するメールは信頼度が増し、消費者は求めているメールを受け取りやすくなります。結果的にメールマーケティングにおいて、有益な変更になるのではないでしょうか。

参照元:smallbiz technology
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディア戦略で気をつけるべきこと
  2. Twitterユーザーの反応が1.5倍!?意識すべき投稿への一工…
  3. ソーシャルメディアをもっとクリエイティブに使う方法
  4. 海外に学ぶデジタル広告のトレンド
  5. Facebook上のマーケティングはエッジランクを意識!ファンの…
  6. 米国インフルエンサーマーケティングの今
  7. 製品の宣伝にユーザーも参加!UGCを増加させるなら「セルフィコン…
  8. 注目の新機能!Instagramのスライドショー活用アイデア3選…

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行