デジタルマーケティング

Facebookライブがパソコンに対応。マーケターが知っておくべきこと

Facebookのライブ配信がデスクトップパソコンとノートパソコンで使用できることになりました。FacebookユーザーのDelilah Taylorは、彼女のノートパソコンのスクリーンショットを火曜日に投稿。そのスクリーンショットには、Facebookのメニューに「ライブ動画」という選択肢があります。彼女は「Facebookはコンピューターからライブ動画を配信できるようにアップデートしたのかな」というコメントを投稿に添えています。

使用できるのはいつから?

Social Timesでは次のよう伝えられています。
「ソーシャルネットワークの動向に詳しい情報筋によると、現在ライブ動画をパソコンから配信できるようになっている人の割合は少ないとのことです。報道関係者やブロガー、他のユーザーで自ら要求した人を対象に、パソコンでライブ動画を配信できるようにFacebookが対応していると情報筋は語っています。来月にパソコンでライブ配信できるユーザーを増やすため取り組んでいるとのことです」
この1~2カ月はFacebookからのお知らせを注意して待ちましょう。

ライブ動画をパソコンで使える利点は?

ライブ動画に馴染みがあるユーザーも馴染みがないユーザーも、現状ではスマートホンからのみライブ配信が可能。たいした問題ではないように見えるでしょうか?

ライブ動画は完璧である必要はないけど、できるだけスムーズに配信したいと思っている人も多いはず。どれくらいライブ動画の内容を前もって計画しても、スマートホンのバッテリー消費が激しかったり(実際、Facebookのライブ動画はバッテリー泥棒)、受信状態が悪かったり、撮影用の三脚がバランスを崩して倒れてしまうことだってあります。

ライブ動画撮影に苦労があるのは事実です。同業者やソーシャルメデア・マネージャーは、こういった苦労を経験しているのではないでしょうか。しかし、ライブ動画が正式にパソコンで使えるようになれば、ライブ動画撮影時の苦労も解決するでしょう。

まとめ

ソーシャルメディアマーケティングの一環として、ライブ配信を取り入れるマーケターも少なくありません。パソコンから配信できるようになることで、動画配信環境が安定します。現状、一部のユーザーのみ適用されていますが、今後の動きについてはFacebookからの通知を待ちましょう。

参照元:tapinfluencer
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング
  2. 中国スタートアップ企業のY Closet, 人気インフルエンサー…
  3. 広告レポート作成支援ツール「glu」がTwitter広告に対応
  4. 2017年のSNSマーケティングの課題と取り組み
  5. 「マイクロモーメント」を逃さないためのポイント
  6. カーナリー・ジャパン株式会社と株式会社ニューズ・ツー・ユーが、新…
  7. ピンタレストがビジュアル機能強化。画像を使ってショッピングを手軽…
  8. O2Oリアルタイム訴求「toSTORE」

ピックアップ

モバイルアプリマーケティング「Repro」AI搭載でWEB領域へ

「Repro」はモバイルアプリ国内シェアNo.1ツール。世界59か国5,000 以上のアプリへの導入…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行