Webマーケティングニュース

ヤフーがIoTプラットフォーム「myThings Developers ベータ版」を提供開始

ヤフー株式会社は40種類以上のWebサービスやIoT製品と簡単に機能連携することが可能となる事業者向けIoTプラットフォーム「myThings Developers(デベロッパーズ)ベータ版」の提供を2016年9月1日に発表いたしました。ベータ版は無償での提供となります。 

人気Webサービスとの連携で製品価値の向上へ

「myThings Developers」では、国内最大級の規模を誇る Yahoo!JAPAN の各サービスに加え、多くのWebサービスや他社IoT製品と自社製品を簡単に連携することが可能となります。「LOHACO」や「Yahoo!天気」など多くの利用者を誇るサービスと連携することにより、自社製品の価値を向上させることができるでしょう。また、このプラットフォームを利用することで開発工数の削減につながるメリットも期待されます。 

API公開で自社サービスの利用拡大も狙える

myThings Developersの特徴として、このプラットフォーム上に自社サービスのAPIを公開できます。APIを公開することのメリットとして、自社のサービスや製品がIoT製品を通じて多くのユーザーに利用してもらえる機会が増えることが挙げられます。API公開で露出を増やすことで、自社サービスの大幅な利用拡大も狙えることになります。 

まとめ

IoT製品は今後も急速に普及台数を増やしていくと予想され、PCやスマートフォン以外の様々なものがインターネットにつながる時代へと移っていきます。IoT製品と簡単に連携可能なmyThings Developersは、そんな時代の流れに乗り遅れないようサポートをしてくれる存在でもあります。時代の移り変わりにスピーディーな対応をするため、今からIoTサービスに着手しておくことは大切なことでしょう。 
 
参照元:ヤフー
執筆者:竹内洋樹
Facebook、Twitter、Blogの運用代行は新大陸にお任せください!コンテンツの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Instagramを使ったマーケティングの成功例(2)
  2. Facebook、Instagram、Messengerのメッセ…
  3. コンテンツを使ってユーザとの信頼関係を作る方法
  4. LINEが発表した次なる事業戦略の中身とは?
  5. ソーシャルメディアマーケティングのROIを測る
  6. Facebook、メッセンジャーで表示される横スクロール広告をテ…
  7. Webページのアクセス増加へ!Instagram Stories…
  8. Instagram Storiesがパワーアップ!スタンプなど新…

ピックアップ

ニールセン、大手Eコマースサイトの利用状況を発表

マーケティング調査会社のニールセンが大手オンラインショッピングサイトとオークション/フリマサービスの…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行