Webマーケティングニュース

SNSが使い放題に!LINEモバイル月額500円

2016年9月5日、LINEは格安SIM「LINEモバイル」の販売開始を発表しました。基本料金は月額500円からです。2万アカウント限定で先行販売しており、10月1日から本格的な販売に乗り出すとのことです。LINE等のSNSへの投稿や閲覧にかかるデータ通信量を気にせず使い放題できるようになります。

LINEアプリを通したサービスに、他SNSの使い放題も

LINEモバイルは格安SIM・スマホ事業を運営し、NTTドコモの回線を利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)としてサービスを提供します。LINEのトーク画面からカスタマーサポートを受けられたり、毎月の通信料の通信量の確認を行なうことができるのが特徴です。また、LINEアカウントの余ったデータ容量をプレゼントできるデータプレゼント機能まで用意されているとのこと。

LINEのみならず、twitterやFacebook利用の通信量も使い放題。基本料金は月額500円ですが、SMSや音声通話に対応したプランも用意されています。

格安SIMではあるものの、LINEを通して年齢認証も可能です。従来の格安SIMではLINEの年齢認証ができないため、ユーザーから対応を望まれていました。「LINEモバイル」で年齢認証を可能にしたのは、このような声を反映させたためでしょう。

linemobil

「LINE MUSIC」使い放題への展開も

「LINEモバイル」の発表会では、今後の展開として、「LINE MUSIC」を使い放題の対象にすることを明らかにしました。本格販売は2016年10月から。その後、どのように進化していくのか、注目です。

 
参照元:LINEモバイル
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ソーシャルメディアマーケティングで絵文字を使うには?ポイントと注…
  2. マーケティングに活用すべき!レビューの効果と事例
  3. サイバーエージェント動画広告のリーチ数を最大化する「スゴミル」リ…
  4. WEB動画広告配信サービスの「LowTV Focus」が配信先拡…
  5. Ameba動画広告がライブ動画と360度動画の配信に対応へ
  6. インフィード広告はソーシャルメディアが主戦場
  7. O2Oリアルタイム訴求「toSTORE」
  8. 適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for P…

ピックアップ

老後に2000万円の貯蓄が必要?LINEで受け取れる年金額を試算できるように

老後に2000万円の貯蓄が年金とは別に必要になるというニュースがSNSや世論を騒がせました。ところで…

おすすめの記事

PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行