マーケティング全般

24時間で消えるInstagrama Stories!マーケティングへの活用法は?

2016年8月、Instagramはスナップチャットに良く似た新機能「Instagram Stories」の提供を開始しました。一番の特徴は、投稿後24時間で自動的に消えること。プロフィール画面やフィードにも表示されず、従来の投稿と異なり、「いいね!」や公開コメントもつきません。公開範囲と時間が限定的なInstagram Storiesをマーケティングに活用できるのでしょうか?

Instagram Stories はファンへのアプローチに活用

Instagramを使用していてフォロワーが一定数いるなら、Instagram Storiesを有効に使うことができます。フォロワーは自社の製品やサービスに興味があるファンです。ファンに向けてInstagram Storiesを活用しましょう。

Instagrama Stories で投稿したものは24時間で消えてしまうため、普段は投稿しない少しユーモアのあるものを投稿しましょう。これを見たファンは企業に親近感と特別感を抱きやすくなります。ファンを長期的な顧客にすることが、Instagram Storiesを使ったマーケティングの狙いです。

Instagramと使い分ける

通常のInstagramの機能を使って投稿するものは、製品やサービスを紹介するものを投稿しましょう。これによって、 Instagram Storiesとの差別化を図ります。差別化することでInstagram Storiesを見たファンはさらに特別感を抱き、顧客ロイヤリティが高まる効果が期待できます。ファンは口コミを書き込んでくれやすいので、集客増加も見込めます。

まとめ

Instagram Storiesはまだ始まったばかりの新しい機能です。今後、機能が充実してさらにマーケティングで利用できる可能性があります。Instagramは爆発的にユーザー数を増やしているプラットフォームです。マーケティングに使用するなら、すべての機能を有効利用できると良いでしょう。

参照元:Instagram
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 音楽を組み合わせた動画アプリ「Musical.ly」を若い世代向…
  2. eコマースサイトを作る時の5つの鍵
  3. コストは低く、効果は高く!「コンテンツの横展開」とは?
  4. 画像だけじゃない!SNSで話題になる企業アカウントの投稿動画のコ…
  5. Facebook、Instagram、Messengerのメッセ…
  6. 記事内容の正確性を向上させる「専門家記事監修」サービスが開始
  7. VR対応アプリでファンに特別感を。サッカーチームのマーケテクとは…
  8. LINEのビジネスコネクトアカウントで有人対応

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行