Webマーケティングニュース

Facebookがスライドショー広告に新機能を追加

Facebookは2015年10月に、通常の動画広告よりも軽く、簡単に作成可能な「スライドショー広告」の提供を開始しました。そして2016年8月23日、Facebookはスライドショー広告に早くも新機能を追加しています。

動画広告の訴求力に注目

Facebookは、動画広告の持つ訴求力に注目していました。しかし、動画広告は作り方が難しいことに加えて、容量が重いため通新環境が整っていないと閲覧できないという問題がありました。

そこでFacebookが提供を始めたのがスライドショー広告です。この機能を使うことで、複数枚の写真から最大15秒の軽量な動画広告を簡単に作成できます。

このサービスがヒットして、今や200の国と地域で利用され、中小企業から大手企業までビジネスに取り入れているとのことです。

新機能でさらに表現力が広がる

スライドショー広告に追加された新機能は、次の4つ。
・テキストや音楽を追加
・Android搭載のモバイル機器からスライドショーが作成
・Facebookページにアップしている画像もスライドショーに使用可能
・元から作っていた動画を、数ステップでスライドショー広告に変換

どれもスライドショー広告をさらに魅力的に、より使いやすくする機能です。また、スライドショー広告はInstagramで配信可能なので、動画広告の利用を考えている企業も注目です。

まとめ

Facebookは、スライドショー広告なら静止画の広告を掲載するよりも、2倍のクリック数が見込めると発表しています。いままでスライドショー広告を知らなかった方、この機会に使用してみてはいかがでしょうか。

参照元:Facebook
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 最新版Movable Type 6.3は実行速度を大幅改善
  2. コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法
  3. リスティング広告の効果が薄いジャンルの商品・サービスとは?
  4. TwitterをAIで解析する「Reaction Monitor…
  5. 実生活で実装できる5つのSEO戦略
  6. ツイートボタンを活用!消費者に製品の推薦をTwitterで促す方…
  7. スマホユーザーのアプリ利用数増加に見る広告費を注力すべき場所とは…
  8. 顧客開拓や売上管理、プロセスを自動化するマーケティングオートメー…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行