マーケティング全般

Instagramと連携可能!おすすめのマーケティングツール(後編)

現在、年に1億人ベースで利用者が増えているInstagramは、ソーシャルメディアマーケティングで外せないプラットフォームです。前回に引き続き、Instagramと連携して効率よくマーケティングが行えるツールを紹介します。※前編はこちらです

投稿する記事を管理する「Later」

フォロワーの反応がいい時間帯に記事を投稿すると、集客に効果的です。投稿する記事の管理が出来るLaterを使って、投稿する時間帯をコントロールしましょう。

Laterのプラットフォームでは、投稿する記事の内容の保存が可能。さらに投稿する時間帯を設定しておくと、投稿予定時間に通知がきてワンプッシュで投稿することが出来ます。Instagramは予約投稿を許可していないため自動で記事を投稿することは出来ませんが、投稿時間短縮になるとても便利なツールです。

Later公式サイト(英語)⇒https://later.com/

「Boost」でハッシュタグを使って販促

新商品をInstagramに投稿するなら、「Boost」が販売促進に役立ちます。

Boostは投稿する商品に特定のハッシュタグを生成します。そのハッシュタグと一緒に記事をSNSに投稿しましょう。ユーザーが投稿された商品を欲しいときは、生成されたハッシュタグを含めてコメント欄に書き込みます。すぐに購入確認のメールがユーザーに届き、このメールに「YES」と送信するだけで商品を購入することが出来るのです。

使用の際は、売り手、買い手ともにBoostでユーザー登録が必須。登録後はInstagramだけではなく、Facebookなど他のSNSに投稿された商品もワンステップで購入することが出来ます。まだ日本語未対応のサービスですが、日本語でサポートが開始したらマーケティングでかなりの効果を発揮するでしょう。

Boost公式サイト(英語)⇒https://boo.st/

まとめ

鉄は熱いうちに打てと言うように、集客を見込めるプラットフォームを使わない手はありません。Instagramと連携するツールを使って、効率よくマーケティングを行いましょう。

参照元:Small Business
執筆者:yuma

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. あなたのブランドはサイバー攻撃から守られているか
  2. YouTubeが購入型コメント権「Super Chat」導入
  3. Facebookページでサービスを視覚的に紹介できる新機能が追加…
  4. ドイツのビール会社が考えたポイ捨てを防ぐ缶ビールとは?
  5. 実生活で実装できる5つのSEO戦略
  6. Instagramが物語を見せてくれる
  7. ウェブサイト分析人工知能「AIアナリスト」が分析手法を強化へ
  8. SNSで会社の取組みをシェア。ハッシュタグを使ったブランディング…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行