Webマーケティングニュース

デジタルステージ「BiND9」発売でついにCMSを導入

2016年8月23日、株式会社デジタルステージはウェブサイト制作ソフトBiNDの最新版「BiND for WebLiFE* 9」を2016年9月28日に発売することを発表いたしました。最新版では新ブログ機能やブラウザ編集などの機能が新たに追加されます。 

ウェブサイト制作ソフト「BiND」のこれまで

BiNDは専門知識がなくても簡単に高品質なウェブサイトを制作可能なソフトとして提供されてきました。特許も取得している「ブロック編集」機能を搭載しており、効率的なカスタマイズが可能なことで好評を得ています。しかしその一方でクラウド化や近年流行のCMS化への対応には後れを取っているのが現状でした。しかし今回発表された最新版のBiND9は、そのウイークポイントの大幅な改善が期待できる内容となっています。 

「BiND Press(バインド・プレス)」機能でCMS化へ

BiND9では「BiND Press(バインド・プレス)」という新機能が搭載されます。この機能はBiNDで作られたページをブログ化できる機能となっており、CMSのように新着情報へ更新したページのタイトルを自動的に表示させることなども可能となります。また、記事投稿に関してはスマホからでもブラウザ経由で可能となり、記事の更新性も高まるでしょう。 

まとめ

これまでBiNDが苦手としていたブログ機能が搭載されることにより、今後はBiNDもオウンドメディア作成の選択肢の一つになると考えられます。感覚的にウェブサイトを作成することに関してはBiNDは非常に優れているので、ブログページも備えたウェブサイトを簡単に作りたいというユーザーには大きな支持を得ることでしょう。 
 
参照元:デジタルステージ
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 売上促進!ソーシャルメディアでクーポンを発行する2つの方法
  2. トレンドのハッシュタグで注目を集める!Twitterで幅広い顧客…
  3. マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング
  4. Siriの使用率上昇!音声検索を意識したSEO対策を視野に
  5. LINEがchatbotの普及に向け新たなMessaging A…
  6. 飲食・小売店は要チェック!「ShopCard.me」
  7. 成功したコンテンツを最大限に活用する3つの方法
  8. 経済産業省が中小企業のITツール導入へ支援金

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行