Webマーケティングニュース

「クオリティフィルター機能」でTwitterマーケティングが効率的に

Twitterは表示するツイートの質を調節できる「クオリティフィルター機能」の追加を2016年8月18日に発表いたしました。これにより必要のないツイートや通知が表示されなくなり作業の効率化が期待されます。 

混沌としているTwitterの現状

Twitterのタイムラインには様々なツイートが溢れ返り、情報過多で混沌としています。この状態では本当に大切な情報であったり、返信が必要な情報を見逃してしまう恐れもあります。返信などの通知も同じで、必要のない通知を受け取らないようにできる「通知設定」の機能が搭載されました。フォローしているアカウントからだけの通知を受け取る設定が可能となります。 

クオリティフィルター機能で作業を効率化

通知設定に追加された「クオリティフィルター機能」では、同じ内容のツイートや自動生成されたツイートなどを表示させなくすることが可能となります。フォローしているアカウントのツイートや、自分が返信しているツイートはフィルターがかからない作りになっているので、必要なツイートが表示されない心配もありません。この機能により必要な情報だけをチェックすることが容易になり、効率的な作業を可能とするでしょう。 

まとめ

Twitterは個人利用はもちろん、Webメディアのマーケティングツールとしても定着しています。拡散能力の非常に高いTwitterはWebマーケティングにおいて重要な役割を担っており、上手く利用すれば大きな効果を発揮します。そんなTwitterですがクオリティフィルター機能を有効活用すればマーケティング担当者の負担は減り、今後は本来使うべきところにリソースを注ぎ込むことが可能となるでしょう。
 
 
参照元:Twitter
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookがスライドショー広告に新機能を追加
  2. YouTubeチャネルランキングで704万ユニークビューワーのa…
  3. Facebookが企業向けSNS「ワークプレイス」を開始
  4. アイジェント・レコメンダーとunisizeが連携しサイズに合う商…
  5. Google、マーケティングに活用可能な「オプティマイズ」と「S…
  6. 熱量の高い顧客の口コミをネイティブ広告に!AMNが新メニューを提…
  7. 10代の7割がSNS上の投稿やニュースを情報源としている現実
  8. Facebook利用者が広告の表示を管理できる取組を強化

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行