Webマーケティングニュース

Vogaroとサイバーエージェントが共同開発CMS「CMMS(シームズ)」をリリース

2016年8月17日、Vogaro株式会社と株式会社サイバーエージェントは共同開発のCMS(コンテンツマネジメントシステム)「CMMS(シームズ)」のリリースを発表いたしました。CMMSを導入することによりオウンドメディアの最適化が期待されます。 

CMMSでコンテンツマーケティングをスムーズに

WordPressに代表されるCMSですが、この度リリースされた「CMMS」はオウンドメディア運営で豊富な実績を持つVogaroと、多くの自社メディアで成功を続けるサイバーエージェントによるコンテンツマーケティング特化型CMSとなります。SNSとの連携や記事ごとの分析も可能となっており、手間のかかる作業をサポートすることでマーケティング担当者の負担を軽減させます。 

動画コンテンツ管理やAI分野も強化へ

CMMSは近年増加している動画マーケティングの効率化も考え、動画コンテンツ管理機能のアップデートも予定しています。また、AI(人工知能)機能を活用したコンテンツのレコメンド表示など、コンテンツマーケティングの最適化に必要な機能についても随時アップデートしていく方針であると発表されています。 

まとめ

CMMSはコンテンツマーケティング特化型CMSと謳うだけあり、オウンドメディア運営において必要とされる機能を詰め込んだCMSとなるでしょう。今後充実したアップデートが続けば、従来のCMSを凌駕するコンテンツマーケティングには欠かせないツールとなるかもしれません。オウンドメディア運営者はCMMSの今後の動向に要注目です。
 
 
参照元:Vogaro
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. WordPressの脆弱性を突いたアタック多発!求められる最新版…
  2. 将来の優良顧客に集中して広告配信できるサービスが開始!
  3. 動画コンテンツソリューション「Cxense Video」が日本で…
  4. インフィード広告はソーシャルメディアが主戦場
  5. Facebook、ショッピングをスムーズにする新広告「コレクショ…
  6. 小学館がタテ型動画でニュースを配信
  7. ヤフーがIoTプラットフォーム「myThings Develop…
  8. Google AdWords、Click-to-message …

ピックアップ

Instagramの「複数投稿」でユーザーの意見を集めやすくなる

ユーザー参加型コンテンツとして、「どの製品が好きか」「どういったものを見たいか」という投票企画は高い…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行