Webマーケティングニュース

「Yahoo!カーナビ」注意を促す「安全運転サポート機能」を開始

ヤフー株式会社は、スマートフォンやタブレット端末向けの無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」にて交差点や踏切、30km規制の道路など、より安全運転が求められる4つの場面で音声やアイコンで注意を促す新機能「安全運転サポート機能」の提供を開始すると2016年8月8日発表いたしました。 

カーナビ業界の現状

カーナビアプリは現在、有料・無料それぞれでたくさんの種類がリリースされています。数年前までは高機能なカーナビアプリは有料なのが常識でしたが、Yahoo!カーナビの登場もあり現在ではハイスペックなカーナビアプリを無料で手に入れることができます。スマートフォンやタブレット端末の急速な普及や高機能なカーナビアプリが無料で手に入ることもあり、以前のように車内に備え付けるタイプのカーナビを高いお金を払って購入する人は少なくなっているのが現状です。 

「Yahoo!カーナビ」の今後について

Yahoo!カーナビが今回新機能として搭載したのは、「一時停止を知らせる機能」「踏切を知らせる機能」「最高速度の表示機能」「速度規制30kmを知らせる機能」の4つです。そのとき走っている道路の状況に合わせて注意点をリアルタイムで知らせてくれることで、安全性が大きく向上されることが考えられます。Yahoo!カーナビは今後も様々な課題を解決する新機能を追加してくると思われますが、カーナビという特性からまずは安全面の機能強化に力を入れてくることでしょう。 

まとめ

カーナビアプリも「無料で高機能」が常識になりつつあり、有料アプリや備え付けカーナビはどんどん淘汰されていくと考えられます。今後カーナビアプリはナビ機能以外の部分でカーライフをサポートする機能をどれだけ提供できるかが生き残りのポイントとなってくるでしょう。
 
 
参照元:ヤフー株式会社
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Windowsアプリでインスタグラム配信開始!パソコンから投稿が…
  2. 15秒未満の短尺動画広告に対応した「OVX Bumper」が提供…
  3. Ameba動画広告がライブ動画と360度動画の配信に対応へ
  4. 中小企業も必見!アプリでEC売上大幅アップ!?
  5. Spotifyが広告配信サービス「Branded Moments…
  6. ソフトバンクがスマートフォン対象の「ソフトバンクモール」を開設へ…
  7. インフルエンサマーケティングツール「iCON Suite」リリー…
  8. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行