Webマーケティングニュース

接客チャットボット「O:der Cognis」が登場!

株式会社Showcase Gigは、運営しているモバイルウォレットサービス「O:der」(オーダー)にチャットボット「O:der Cognis」(オーダー コグニス)を搭載することを発表しました。このチャットボットは接客・購買を顧客と対話しながらナビゲーションし、顧客に合った商品・サービスをオススメすることが可能です。

 

気軽な対話によって、潜在ニーズを探し出す

チャットボットとは、チャット上において、人間とのやりとりを自動で行ってくれるプログラムのことです。この「O:der Cognis」は、顧客とチャット上でやりとりをして、その顧客は何が欲しいと言っているのかを判断し、それに基づいた会話をしながら、潜在的なニーズまで探って商品・サービスを提案します。

チャットボット1chatobot2

互いの負担を軽減し、必要な商品を

「O:der Cognis」によって、顧客は気軽に自分に必要な商品を探すことができ、店舗側は接客の負担を減らすことができます。すでにモデルケース店舗として東京・青山にオープンしたキャッシュレス/コーヒースタンド「THE LOCAL」にて導入されています。顧客の好みのテイストを提案したり、顧客の嗜好に合った商品を勧めたりと活躍中です。

 

まとめ

顧客がさらに気軽に商品・サービスを探す手段として、人工知能の活躍が期待されています。「O:der Cognis」等、誰でも使える身近なサービスとして、実装が進んでいます。
 

参照元:PR TIMES
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookの94%がモバイルユーザー
  2. ソーシャルメディアを運用するなら知っておきたいバズるコンテンツと…
  3. コンテンツマーケティングで過剰な宣伝感はNG?顧客目線で価値を提…
  4. 中国向け動画インフルエンサーマネジメント会社「Vstar Jap…
  5. Twitterユーザーの反応が1.5倍!?意識すべき投稿への一工…
  6. ライバルをあなたのSEOに有利に役立てる方法
  7. リスティング広告の効果が薄いジャンルの商品・サービスとは?
  8. Googleの新ツールでモバイルフレンドリー対応度をチェックしよ…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行