Webマーケティングニュース

接客チャットボット「O:der Cognis」が登場!

株式会社Showcase Gigは、運営しているモバイルウォレットサービス「O:der」(オーダー)にチャットボット「O:der Cognis」(オーダー コグニス)を搭載することを発表しました。このチャットボットは接客・購買を顧客と対話しながらナビゲーションし、顧客に合った商品・サービスをオススメすることが可能です。

 

気軽な対話によって、潜在ニーズを探し出す

チャットボットとは、チャット上において、人間とのやりとりを自動で行ってくれるプログラムのことです。この「O:der Cognis」は、顧客とチャット上でやりとりをして、その顧客は何が欲しいと言っているのかを判断し、それに基づいた会話をしながら、潜在的なニーズまで探って商品・サービスを提案します。

チャットボット1chatobot2

互いの負担を軽減し、必要な商品を

「O:der Cognis」によって、顧客は気軽に自分に必要な商品を探すことができ、店舗側は接客の負担を減らすことができます。すでにモデルケース店舗として東京・青山にオープンしたキャッシュレス/コーヒースタンド「THE LOCAL」にて導入されています。顧客の好みのテイストを提案したり、顧客の嗜好に合った商品を勧めたりと活躍中です。

 

まとめ

顧客がさらに気軽に商品・サービスを探す手段として、人工知能の活躍が期待されています。「O:der Cognis」等、誰でも使える身近なサービスとして、実装が進んでいます。
 

参照元:PR TIMES
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. TOCがSalesforce Venturesから資金調達
  2. 来年コンテンツマーケティングでできそうなこと
  3. Periscopeが360度ビデオを導入。没入感の高いライブ配信…
  4. インフルエンサーマーケティング・キャンペーンを成功に導く6ステッ…
  5. ホリデーキャンペーンにはインフルエンサーがおすすめな理由
  6. 【コラム】今のコンテンツ制作で大丈夫?クラウドソーシングの市場規…
  7. 製品紹介に最適なインフルエンサーの見分け方。ジャンル外の人材も視…
  8. トランスコスモスがユーザーの心の声を拾い上げる新メソッドを提供開…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行