デジタルマーケティング

データ収集とオンラインプライバシーはどうなる?

現在のデータベースのマーケティングは、ユーザが商品購入過程のどこにいるかを把握してリアルタイムでターゲット設定し、パーソナル化した関連性のある広告を消費者へ送ることを可能にしています。

デジタルの利点

企業にとって適切なメッセージを伝えるためには、消費者の意図を理解することが不可欠です。デジタルを使用すると、この過程を追跡することができます。データベースのマーケティングでは、データを使ってコミュニケーションを改善し、マーケティング投資の収益率を上げるために広告を常に変更・最適化することができます。

個人情報使用への懸念

しかし消費者は、収集されているデータの量、格納場所、使用されるデータの量についてますます懸念をつのらせています。Facebookのスキャンダル以降、消費者はどのくらいの個人データがオンラインで保存されているのか、どのような理由でそれにアクセスできるのかを心配しています。

広告ブロッカー使用者への調査結果

以下は Smart Insights サイトが伝える、広告ブロッカー使用者への調査結果です。

この調査では、広告ブロッカー使用者の3割が広告がオンラインプライバシーを害していると感じており、3分の2が企業が個人データをどのように使用しているかを心配しています。さらにモバイルユーザの 66%がクッキーを削除し、オンライン検索をプライベートブラウザへ切り替えています。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 【美容・健康編】ピンタレストが予測する2017年の関心度上昇トピ…
  2. ソネットと伊藤忠インタラクティブがデジタルマーケティング分野で協…
  3. ソーシャルメディアに投稿する画像付きコンテンツのアイデア3選
  4. マイクロアドが目指す、人工知能マーケティング
  5. 企業のeコマースウェブサイトはどのくらい必要か?
  6. モバイル決済プラットフォームOrigami Payに2つの新機能…
  7. ニールセンが2016年インターネット利用者数調査の結果を発表!
  8. eコマースサイトを作る時の5つの鍵

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行