Webマーケティングニュース

EC会員をセグメント分けしてLINEメッセージを送れるサービス始動!

ECプラットフォームの「FutureShop2」は、LINEと連携し、顧客とのコミュニケーションを密にとれる仕組みを開発。8月8日に公開しました。これにより、「FutureShop2」を利用している事業者が、自社EC会員と、LINE@アカウントで繋がり、メッセージを送信することができるようになります。

 

セグメント分けして、特別感を演出したメッセージを

「FutureShop2」は株式会社フューチャーショップが運営するECプラットフォーム。会員の属性や購買履歴を自社で管理できることや、メールマガジン配信機能が特徴。この「FutureShop2」がLINEと提携したことによって、顧客とよりクローズなコミュニケーションをとることができ、自社に根付かせることができるようになります。

ECとLINE提携

まず最初に、LINE@アカウントの取得が必須。その後、自社顧客にLINE@での友だち登録・ECとの連携登録までをやってもらいます。この連携登録には「連携してくれてありがとう」というサンクスポイントの自動付与も可能です。LINEとECを連携した顧客に対しては、 年齢・性別・誕生日や購買履歴などをセグメント(ターゲット分け)したLINEメッセージを配信することができるようになります。これを利用すれば「去年、クリスマスケーキを購入された方限定。先行予約受付のご案内」等のメッセージを送り、リピート率アップを狙った、限定性のある企画の実施等が可能になります。

 

密なCRMを実現し、根強いファンを作る

ECとLINEの連携により、効果的なCRM(Customer Relationship Management)を計画できるようになります。効果的なCRMは、事業者が持つ多くの顧客に対しての、One to one戦略がポイントです。顧客をセグメントし、「あなたのためのメッセージ」を配信することで、信頼を得ることができるようになります。PCを持たず、スマホのみで情報収集をする人も多い昨今。ほとんどの顧客が使用しているLINEに、クローズなメッセージを送ることで、コミュニケーションを深めることが可能になるでしょう。

 
参照元:FutureShop2
執 筆:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 小売業向けに効率化された「see-port Analysis」が…
  2. ニールセンが2016年インターネット利用者数調査の結果を発表!
  3. ビジネスキャンペーンにSNSを使用する前に
  4. ポケモンGOで地域活性!ヨコスカGO宣言に学ぶコンテンツマーケテ…
  5. YouTubeチャネルランキングで704万ユニークビューワーのa…
  6. TOCがSalesforce Venturesから資金調達
  7. スターバックスに学ぶ季節に合わせたマーケティングで注目を集める方…
  8. 顧客開拓や売上管理、プロセスを自動化するマーケティングオートメー…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行