マーケティング全般

フリーランサーをもっと活用するために企業ができること

ウォールストリート・ジャーナルによると、FedEx、Verizon などの米国大企業では、現在すでに労働力の20〜50%が外注だそうです。この先フリーランスエコノミーがより浸透すると、伝統的な企業の壁は崩壊しそうな勢い。日本がそのような状況になるかどうかはわかりませんが、米国企業向け雑誌 Entrepreneurshipの挙げる、企業がフリーランサーをよりよく活用するためのヒントをご紹介してみましょう。

1. プロジェクトを分割する

プロジェクトのためにフリーランサーを外注しようとするとき、大きなプロジェクト全体を扱えるフリーランサー見つけるのは容易ではありません。プロジェクトを小さな部分に分割すると、各部分に見合ったスキルを持つフリーランサーを比較的に簡単に見つけることができます。

2. バーチャルワークフローを設定する

リモートワークのフリーランサーと働くには、コミュニケーションが何よりも大切です。システムに記録できるメッセージングプラットフォームなど、オープンなコミュニケーションを作り出せる最新技術を使いましょう。

3. フリーランサーの専門知識を活用する

フリーランサーをチームに統合して、彼らの持つ外部の視点を共有し、ビジネスの強化に繋げましょう。

4. 複数のフリーランスマーケットプレイスを使う

企業とフリーランサーのマッチングサイトは現在では数多くあります。一つのプラットフォームですべてのプロジェクトのニーズを満たせる可能性は低いので、複数の異なるマッチングサイトを試してみるとよいでしょう。

参照元:  Entrepreneurship
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. タイトな予算で効果的なコンテンツを作り出す方法
  2. 音楽を組み合わせた動画アプリ「Musical.ly」を若い世代向…
  3. 2017年にマーケターがチャットボットを取り入れるべき3つの理由…
  4. カンバセーショナルマーケティングとは?顧客と対話して関係強化
  5. 綺麗な画像でクリック率増加!マーケティングにはベクター画像がおす…
  6. 日本でも流行!スナップチャットはビジネス利用できる?
  7. 米国企業の予算の11.1%がマーケティングに費やされている
  8. ピンタレストがビジュアル機能強化。画像を使ってショッピングを手軽…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行