デジタルマーケティング

ウェブサイトにビデオは不要、必要なのはビデオコンテンツ

今日のマーケティングではウェブサイトに加えて、複数のSNSチャネルで強力なプレゼンスを確立し、情報を共有し、見込み客を魅了する適切なコンテンツマーケティング戦略が必要になっています。

たとえば米国の運輸ネットワーク企業 Lyft(リフト)のYouTubeチャンネルには、コマーシャルとしては実行されない数十のビデオがあります。それらはソーシャルメディアで視聴者を育むために使われるのです。こうして「Undercover Lyft」広告キャンペーンは、昨年1月に最も視聴されたYouTube動画の一つとなりました。

段階ごとに戦略を立てる

よく考えられたビデオマーケティング戦略では、ファネルの各段階にビデオが組み込まれています。各段階に沿ったビデオを作成して、顧客を販売へ導くのに役立てましょう。

ファネルの最上部分では、新しい顧客をブランドに引き付けることが目標となります。短めで視聴者の目を引くコンテンツを含んだビデオが必要です。Facebook用のプロモーションビデオ、業界や教育ビデオもこの段階に適しています。業界の課題と解決策に焦点を絞ると、見込み客に実際に問題があることを納得させるのに役立ちます。その問題をあなたのビジネスが解決できることがわかれば、彼らの関心を得られます。

次の段階では、あなたのビジネスについて教育し、顧客が商品を購入したり情報を収集したりするよううながします。ユーザの関心を引き付ける最も一般的な方法は、説明ビデオです。消費者の8割近くが実際にそれを見て自身で判断することを好んでいます。ビデオで製品を知ることは、説明文を読むよりはるかに魅力的だからです。商品やサービスのビデオは、Amazonの eコマースサイトでも人気を集めています。

あなたの企業について知っていても、まだ購入に至らない視聴者がたくさんいます。ビデオはこれらの見込み客を育てるのに最適です。ソーシャルメディアを通じて、ビデオをメールマーケティングやリターゲティングの取り組みに加えて共有してください。見込み客に役立つビデオコンテンツはこの段階に最も効果的です。既存のお客様の声を含めるのも有効です。

あなたのサービスを最大限に活用する方法を示したビデオで、顧客を喜ばせましょう。サービスに登録した人向けのウェルカムビデオや、取り扱い説明などのチュートリアルビデオ、登録お礼メールにビデオを織り込むこともできます。以下のステップを踏まえて、実行してみてください:

1.ゴールを設定する

ビデオマーケティングに投資する理由を明確にします。より多くの顧客を魅了したいのか、ウェブサイトの視聴者を顧客に変えたいのか、長期にわたる見込み客を得たいのか、などです。

2.  ビデオタイプとスタイルを選ぶ

ビデオコンテンツをゴールと一致させます。顧客を得るには、短く、気を引くビデオ、ウェブサイトエンゲージメントのためには、より深い内容。長さは90秒以内が理想的です。アニメーションか、ライブアクションか、役者を雇う必要があるのか、社内のチームと顧客でいいのかなどを検討します。

3.  ビデオを作成する

自分で作れるのか、業者を雇うのか。ビデオコンテンツはあなたの企業を直接反映するものです。会社のロゴやウェブサイトの制作同様、経験のある人を雇った方がいいかもしれません。多くの低額オプションも出回っていますので、検索してみてください。

4.コンテンツを配信する

YouTubeに動画をアップするだけでは不十分です。それをホストし、投稿し、リンクし、共有し、宣伝して、ターゲットオーディエンスに届け、関与させます。アナリティクスデータへアクセスすると、視聴者のエンゲージメント率を分析して効果を判断することができます。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 毎分消費されているコンテンツの絶大な量
  2. Facebook、ニュースフィードの新アルゴリズムを発表
  3. Facebookの広告メッセージ、ユーザーとの関係を再度アクティ…
  4. YouTubeが Facebookをしのいで人気度ナンバーワン
  5. Facebookの動画優先アルゴリズムを利用したキャンペーン
  6. サイバーエージェント、不正検知システムにAIを導入へ
  7. ステマと言われないためのインフルエンサーマーケティング
  8. 企業のマーケティング担当はFacebookをどれくらいの時間閲覧…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行