デジタルマーケティング

企業のeコマースウェブサイトはどのくらい必要か?

デジタルマーケティング戦略を作成する場合には、デジタル市場の動向を正確に理解することが大切です。米Smart Insightsサイトが、デジタルマーケットプレイスの原動力を示す新しい研究結果を紹介しています。

ブランドのeコマース店舗はどれくらい重要か?

インターネットに促進される現代のビジネスモデルの重要な発展の一つに、企業が自らのサイトや、Amazon、eBayなどのマーケットプレイスを使って商品を販売できるようになったことがあります。

市場分析プラットフォームの Jumpshotは、2017年第3四半期の米国4大主要小売ブランド間で42,000人の消費者購入を調査しました。このレポートでは、ブランドのウェブサイトと、人気のあるマーケットプレイスのコンバージョンを分析したものです。

調査対象となったのは、米国ファッションのカルバン・クレイン、同じくファッションブランドのマイケル・コース、スキンケアのクリニーク、スポーツ関連製品のナイキの4社です。この新しいインサイトでは、消費者にとってのこれらの市場オプションの相対的な人気と、それらが企業にどれだけ重要かを比較しています。

これらの4社にとって、主要なマルチチャネル小売業の Macysや Nordtromなどの百貨店と比較して直接ウェブサイトが最も重要な小売流通チャネルの一つとなっていることがわかります。ウェブサイトをなおざりにはできませんね。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 次世代のマーケティング・チャンネル?モバイルゲームに注目が集まる…
  2. 2017年欧米のコンバージョン最適化レポート
  3. 強力なSNS戦略を開発するための5つのヒント
  4. 更新通知だけじゃない。新規顧客をツイッターからブログへ誘導する方…
  5. Facebook、クーポン広告のモバイル最適化でマーケティングを…
  6. 動画配信中に製品購入可能なライブストリーミングアプリ「Buske…
  7. SEO対策はコンテンツの充実から。コンテンツは独自思考から地域思…
  8. 製品紹介に最適なインフルエンサーの見分け方。ジャンル外の人材も視…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行