マーケティング全般

今年のトップデジタルマーケティングの動向

世界のマーケティング担当者が、今もっとも注目しているオンラインマーケティングの手法は何でしょうか。世界の企業と代理店のマーケティング担当者を対象に行われた「2018年のデジタルマーケティングの動向」についての調査結果を、米国Smart Insightsサイトがレポートしています。

2018年に増収を達成できると感じられる手法

調査結果は以下のグラフにまとめられています。濃い青色が企業からの回答(2857件)、明るい青色が代理店からの回答(2597件)を示しています。

調査の結果1位になったのは、顧客サービスの最適化でした。ここで注目したいのは、データ駆動型のマーケティングが2位に入っていることです。顧客エクスペリエンスのカテゴリーはかなり広範なものなので1位になったと評価することもできます。

すると、2018年の実際のマーケティングトレンドの特徴は、データ駆動型のマーケティングと言うこともできるのかもしれません。3位のコンテンツマーケティングも、今では非常に一般的な手法となりましたね。

その他の回答では、IoT、ウェアラブルやオーディエンスのトラッキング、バーチャルリアリティを介して顧客とつながる技術などに興味をもつマーケターが多くいることがうかがえます。そして、人工知能と機械学習がどのようにマーケティングに取り入れられていくのかも、もちろん注目を集めています。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. AI(人工知能)の活用事例
  2. ポケモンGOに学ぶコンテンツづくりとマーケティング戦略
  3. マーケティング担当者が避けるべきデータについての5つの偏見
  4. 2018年のローカリゼーションのトレンド
  5. Siriの使用率上昇!音声検索を意識したSEO対策を視野に
  6. B2B消費者はB2C消費者よりも個人的なサービスを評価している
  7. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  8. マルチプラットフォームの顧客サービスはなぜ必要か

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行