Webマーケティングニュース

楽天が定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」を提供開始

2016年8月4日、楽天株式会社は定額制の音楽配信サービス「Rakuten Music」の提供開始を発表しました。iOSおよびAndroidのスマートフォンアプリとして提供されます。 

定額制音楽配信サービスの現状

定額制音楽配信サービスは、AmazonやGoogle、Appleなどすでに多くのIT系大企業が参入済みです。日本ではサイバーエージェントの「AWA」やLINEの「LINE MUSIC」が若者を中心に人気を集めています。価格帯は月額500円前後や1000円前後のプランが世界的にも多く見受けられます。音楽視聴サービスは従来ダウンロード型再生が主流でしたが、近年ではネットワーク経由で視聴できるストリーミング再生が主流となっています。 

「Rakuten Music」の特長

Rakuten Musicの特長としては、アプリ経由で気に入った音楽のCDをワンストップで購入できる点があります。検索結果やアーティスト情報のページから「楽天ブックス」で取り扱うCDや音楽関連商品へのリンクが表示され、タップすると楽天ブックスでの購入ページへ飛ぶことができます。また、楽天ブックスで利用できる「5%OFFクーポン」を獲得することも可能となっており、アプリでの収益のみならず関連商品の販売にもつなげる狙いが感じ取れます。 

まとめ

セカンドペンギンを得意とする楽天らしいこのタイミングでの定額音楽配信サービスへの参入。しかしすでに世界的大企業によって完成しつつある市場へどこまで食い込んでいけるかは疑問です。今後楽天ならではのサービスをどれだけ追加していけるかがシェア獲得のポイントとなるでしょう。
 
 
参照元:楽天
執筆者:竹内洋樹

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 売上増を狙うには?広告とランディングページを見直してコンバージョ…
  2. メディアサイトのファンユーザーを増やす「Loyalfarm」提供…
  3. Facebook広告で商品をよりアピールできる「カスタムバッジ機…
  4. LINE「Official Web App」対応サービスがWeb…
  5. Instagramがライブ配信と消えるコンテンツ、2つの新機能を…
  6. 製品をライフスタイルに溶け込ませたコンテンツでユーザーの想像力を…
  7. 無料でウェブサイトの改善ができる「Dot metrix」が法人化…
  8. 若年層向け動画インフルエンサーを活用したキャンペーンパッケージ開…

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行