デジタルマーケティング

英国の動画視聴者の9割が定期的にYouTubeにアクセス

英国でもYouTubeは、デジタルビデオの主要プラットフォームとして定着しています。デジタルマーケティング調査会社のeMarketerは、YouTubeの視聴が飽和点に近づいていると述べています。Marketing Techサイトが伝えています。

YouTubeの優位性

インターネットでの動画視聴は、人々の日常生活にしっかりと組み込まれた感があります。スマホと、NetflixやAmazon Primeなどのストリーミングサービスの普及で、英国人の3分の2が今や何らかの形でデジタルビデオを視聴しています。

ビデオ市場でYouTubeの優位性を助けているのは、その普遍性と、他プラットフォームへの統合の簡単さです。2018年には4千40万人(つまり10人中6人)が少なくとも月に1度、プラットフォームアプリやウェブサイトで動画を視聴するだろうと予想されています。

YouTubeが直面する新たな競争

現在YouTubeは、一般的なストリーミングサービスとの競争に直面しています。携帯でコンテンツを見る消費者の増加もYouTubeへの挑戦の一つです。

eMarkterは、来年デジタルビデオ視聴者の64%がモバイルでビデオを視聴するようになるだろうと予測しています。 これはFacebook、Instagram、Snapchatが YouTubeのライバルとなることを意味します。これらのプラットフォームはこれまでにもビデオに大きく投資してきています。

YouTubeはしっかり確率されているので、視聴率が落ちることはありませんが、この先これまでにないほど多数のオプションからの動画視聴で競い合っていくことが必要となるでしょう。

参照元:  Marketing Tech
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Facebookの94%がモバイルユーザー
  2. SNSで顧客を無視する企業は成功できない
  3. 初心者向けコンテンツは危険?読まれにくいソーシャルメディアのコン…
  4. TSUTAYAがOne to Oneのコミュニケーションをスター…
  5. ソーシャルメディアごとにコンテンツをカスタマイズしよう(2)
  6. オリジナル絵文字でCTAの促進も!ソーシャルメディアの絵文字活用…
  7. 【コラム】SEO記事とバズる記事のバランスについて【前編】|オウ…
  8. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行