デジタルマーケティング

ワクワク感を売るビジネス?

最近は日本でも、若手起業家の話題が多く聞かれるようになりました。19歳の起業家、坂内綾花さんもその一人。クラウドファンディングを利用して彼女が売っているのは「フォーチュンボックス」という中身未公開の箱です。

アイデアが生まれるまで

「名もなきメーカーの挑戦を応援できる!あなたに謎の箱を届けます」という謳い文句で、中身のわからない箱を売る。なかなか興味深い試みですが、このアイデアのもとは、古郷から届いた小包を開ける時のワクワク感だそうです。

フィルターバブルからの脱出

ネットユーザは、フィルターバブル (インターネット検索サイトのアルゴリズムが、所在地、過去の検索履歴などのユーザ情報に基づいて、ユーザが見たい情報を推定して出す検索結果のために、ユーザが自身の観点に合わない情報から隔離され、自らの文化的・思想的なバブルの中に孤立するようになっていく)ために、新しいジャンルの情報に触れることが少なくなっています。

オフラインの生活でも消費者は、行きつけの店で、買いなれた商品を買うことが多いのではないでしょうか。キューレーターを自負する坂内さんは、中身未公開の箱を売ることで、フィルターバブルを破れるかという挑戦をしています。

消費者の期待を適度に裏切れるか

東急ハンズ、ロフトなど〝知らなかった商品に出会えること″を売りにしているお店のように、お客様の期待を適度に裏切っていきたい。それが堅実に長く続いて、何が届くかわからないけれどもキュレーターを信頼して買う、という新しい流通パターンを広げていきたいというのが彼女のポイントです。

お客様がフィルターバブルから出やすいように

中身のネタバレができないため「フォーチュンボックスの特徴を示す8項目評価」を示し、〝中身の商品の品質に妥協しない″など「7つのルール」も作られ、お客様が少しでも安心して購入できる努力も怠っていません。

顧客の好みに見合ったものを提示して買ってもらおうとする「追いかけ広告」が現在のeコマースの主流ですが、坂内さんのアイデアはその正反対を行ったもの。この逆構想がうまく働くと面白いと思いませんか。

参照元:  Ready for
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. マーケ界のインフルエンサーが教えるネガティブフィードバックへの対…
  2. トランスコスモス、メッセンジャーアプリを利用したbotの自動応答…
  3. 将来の優良顧客に集中して広告配信できるサービスが開始!
  4. 2017年にマーケターがチャットボットを取り入れるべき3つの理由…
  5. 動画広告の成功をどう測るか
  6. BtoB中小企業こそオウンドメディアの活用を!三郷金属工業の事例…
  7. AI(人工知能)の活用事例
  8. 楽天オークション10月末で終了へ。10年間ヤフーの牙城を崩せず

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行