マーケティング全般

AIと企業の未来

企業がAI(人工知能)開発に関与しているかどうかに関わらず、AIはすべての業界に影響を与える強力な力であることは明らかです。2016年にAIは80億ドル産業でしたが、2020年までには470億ドル産業に成長するだろうと予測されています。技術リサーチと分析のGigaomが伝えています。

成長を続けるAI

5年前には、今日私たちが定義しているような認知エンジンは存在しませんでした。しかし今では5,000を超える認知エンジンがあり、今後5年間でそれは100万を超えるだろうと言われています。これは、AI業界が2018年を超えてさらに拡大するという証です。どの企業も、ほぼリアルタイムで非構造化データを大規模に分析する必要性を認識しています。

実装困難な現状

残念ながら現在AIソリューションは高価である上に、スキルを必要とし、実装が難しい状況です。PwCのDigital IQ調査では、AIに必要なスキルが備わっていると答えた企業幹部は、全体のわずか2割でした。欧米でもほとんどの企業にとって、AIのパワーはアクセスできないものなのです。

多くの大企業は、現在クラウドへの移行のさまざまな段階にあります。一部の企業はデータをクラウドに転送している過程で、他の企業は一度にさまざまなクラウドを稼働させています。中には社内ソリューションに戻っていく企業もあります。

進歩的企業はAIの力を解き放つ

AIの導入は労働者の日々の退屈な作業を補強し、元々高価だったサービスを、豊富な非構造化データを利用して実用可能なものにすることができます。以前手動で行われていた検索作業にAIが取り組むことができるスピードは、人間と機械の思考のパートナーシップを介して、この先新たな機会を開いていくことでしょう。

参照元:  GIGAOM
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 検索クエリがSEO対策で絶対に必要なワケ
  2. LINE Ads Platform(LAP)とは?
  3. 情報だけでなく体験を届けられるFacebookの新機能「360動…
  4. InstagramはUGCに最適!テーマ選びとUGC推進手順を解…
  5. Facebookライブで投票を促す!いいねを使ったシンプルテクニ…
  6. 音楽を組み合わせた動画アプリ「Musical.ly」を若い世代向…
  7. Twitterユーザーの反応が1.5倍!?意識すべき投稿への一工…
  8. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行