マーケティング全般

マーケットワン・ジャパンが東京商工リサーチとサービス連携

マーケティングオートメーション 導入・運用のコンサルティングを提供するマーケットワン・ジャパンは、国内最大級の企業データベースを有する株式会社東京商工リサーチ(TSR)と、BtoBマーケティング分野においてサービス連携を開始したことを発表しました。

近年、企業のマ―ケティング活動では、売り上げに繋がる案件の創出が強く求められています。そのため既存の得意先企業からの引き合いを待つのではなく、新規の顧客開拓を積極的に進める、攻めのマーケティングへの転換に取り組んでいます。

新規顧客を開拓し、売り上げへとつなげる効果的なマーケティング戦略として、特定の重点見込み企業からの売り上げを最大化する「ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)」が注目されています。しかしABMの初動段階、つまり「重点見込み企業の選定(ターゲッティング)」につまづく企業が多いというのが実情です。

上記の背景を受け、マーケットワンはサービス連携の第一弾として、これまで提供してきたABM実践のベストプラクティス「ABMサービスパック」に、TSRの企業データベースを活用した機能を追加することにしました。

2017年11月20日からABMサービスパックに、TSRが第1社目のサービス提供プライムパートナーとして参画することで、ABMサービスパックを利用している企業は、TSRの持つ精度の高い企業情報と分析サービスをもとにしたターゲット選定が可能になります。過去の商談実績に基づき、勝ちパターンと同種の傾向を持つ企業群を抽出することができ、重点見込み企業を容易に選定できるメリットがあります。

参照元:マーケットワン・ジャパン、東京商工リサーチとサービス連携
執筆者:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ドミノ・ピザのLINEビジネスコネクト活用事例
  2. フリーランサーをもっと活用するために企業ができること
  3. グーグルで上位表示させるために、文字数は多ければ多いほど良いとい…
  4. ライブ配信のタイミングとは?おすすめは定期的に配信すること
  5. Googleが消去困難なポップアップ広告を制裁。知っておくべきこ…
  6. ワールドカップ2018スポンサーの認識度は?
  7. ソーシャルメディアに投稿する画像付きコンテンツのアイデア3選
  8. LINEのビジネスコネクトアカウントで有人対応

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行