デジタルマーケティング

TwitterがTweetstorm機能をテスト中

9月にTwitterは、ユーザが自動的にリンクされた一連のツイートを作成できる「Tweetstorm」という機能を開発中であると発表しました。そして現在Twitterは、この機能のテストをしています。Social Media Today サイトが伝えています。

Tweetstormとは

Android Policeサイトによると、Tweetstorm機能は、ツイート作成時にツイートを他のツイートとセットして画面に表示するオプションを与えるものです。つまりツイート作成中に、シーケンス内の任意のツイートに戻って編集することができます。ツイートを完了し「Tweet All」ボタンをタップすると、セットになったTweetstormが番号付きで順番に投稿されます。TechCrunchは、このオプションがテスト中であることを確認しましたが、Twitterはその詳細については明らかにしていません。

Tweetstormはどう見えるのか

この数週間Twitterは、安全ポリシーとルールを連続したツイートを介してアップデートしています。Tweetstorm もこれに似た外観になると予想されます。

Tweetstormが示唆しているもの

現在Tweetstormのテストは、アンドロイドユーザにも広がっています。Twitterが280字入力の方向へ動き出していることとも相まって、より多くのツイートを可能にするTweetstormのオプションは、近い将来広く利用できるようになるのではないかと思われます。

その一方でTechCrunchは、Tweetstormが280字のツイートと共に使われるとかなり長い投稿になることから、問題が起こるのではないかという懸念も示しています。

まとめ

Twitterは、Tweetstormのオプションが加わることでよりユーザフレンドリーになり、使用者が増えるのでしょうか。Twitterによれば、280字入力はユーザによく受け入れられていると言います。280字入力で彼らがプラットフォームに留まる時間も長くなっています。Tweetstormがこの延長線上にあるのかどうかを確かめる唯一の方法は、Twitterが今やっているテストです。この先の展開が気になるところです。

注)280字入力は日本語には適用されません。

参照元:  Social Media Today
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 詳細なペルソナを設定することの重要性とは?
  2. マーケティングで「ソーシャルメディア」と「メール」を同時に活用す…
  3. 「よくきくよ」リニューアルで自然言語処理技術を導入へ
  4. 米国インフルエンサーマーケティングの今
  5. 今更聞けない!「ペルソナ」の作成方法・手順について解説!
  6. SNSでコンテストを開催。いいねを集めて多くのオーディエンスにア…
  7. コミュニケーションデータをAIが分析する「DECode」がスター…
  8. 最高のメールマーケティング戦術

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行