デジタルマーケティング

ビジネスキャンペーンにSNSを使用する前に

企業が視聴者と個人レベルでつながり、ユニークで人間化したトーンを示すことができるSNSは、ビジネスに驚異的な機会を提供していると言えます。しかし、SNSをビジネスキャンペーンに利用するときには、気をつけるべきことが色々あります。

プラットフォームのポリシー

SNSは多くの視聴者に到達するのに理想的な手段ですが、一つ一つのプラットフォームに違いや特徴があります。各プラットフォームには準拠すべきポリシーや制限があり、それを無視すると問題になることがあります。特に、ビジネスや個人のプロフィールを再ブランド化する際に問題になる可能性がありますので、注意してください。

プラットフォームにある制限の例

新しいマーケティングキャンペーンの準備をするときには、対象となるチャネルの準拠義務と前提条件の詳細なリストを用意しておくとよいでしょう。たとえば、

 ボットなどの自動化手段を使用してFacebookユーザのコンテンツや情報を収集する場合には、その許可を得る必要があります。

 Twitterは法的請求や商標を保有する企業や個人に代わって、ユーザ名を再利用する権利を留保しています。

 LinkedIn上のあなたの会社のページのURLを変更するときは、LinkedInに連絡する必要があります。

初めて大規模なキャンペーンを計画するような場合には、さまざまな要件や条項に注意する必要があります。計画を立てる前に、各SNSの詳細に十分目を通すようにしてください。

参照元:  right mix marketing
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 動画配信中に製品購入可能なライブストリーミングアプリ「Buske…
  2. 商品・サービスの体験特化型動画リリースサービス「PRChanne…
  3. マーケティング部門がAIで直面している4つの障害とは
  4. ソフトバンク・テクノロジーがチャットボットでのBtoB営業支援ツ…
  5. GoogleChrome愛用者必見!Twitterマーケティング…
  6. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  7. インターネット広告で存在感を増すFacebook。新たな流れで更…
  8. まだの企業は要注意!今すぐやるべきスマホ対応

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行