デジタルマーケティング

SNSを使って年齢別ターゲット層へアプローチする方法

世代の違いはどこの国にもあります。米国のSmall Business Trendsサイトは、年齢層別ターゲットにSNSを使ってアプローチする方法を説明しています。

ベビーブーマー世代

この世代は、電子メールに最も責任をもって接する世代です。彼らにはeメールマーケティングのキャンペーンが最適です。週3本ほどの有益な情報のつまったブログ記事で、彼らの注意をひきましょう。

また彼らはすべての世代の中で最も金銭的責任を負う世代なので、オンラインの特典、住宅取得に関するヒント、無料のオファー(例えば、あなたの製品の無料カスタマイズの提供など)で彼らの忠誠心を引き出すことができます。

ミレニアルズ

米国に7千万人以上いる世代です。彼らは絶えず知識に乾いています。ニューヨークタイムズによると、この世代の64%以上が「低収入でも自分の気に入った仕事をしたい」と望んでいます。彼らを刺激するようなコンテンツを作成しましょう。彼らが好きなことをしたり、生産性を高めたり、ワークライフバランスを即座に達成できるようにするための製品を宣伝すると効果的です。

あなたのビジョンや、情熱を注いでいることについて書いたり、ビデオを投稿しましょう。あなたが「あなた」であり、あなたのブランドが「本物」であるとき、彼らはより惹きつけられます。

2000年以前に生まれた世代

この世代の74%がコンスタントにSNSに時間を費やし、インスタントなコンタクトに慣れています。SnapchatやInstagramストーリーズ、Facebookのライブストリーミング、毎週のYouTubeビデオなどを使って、彼らとつながりましょう。

まとめ

これらは米国の例ですが、自分のオーディエンスを知って、ターゲットに適した方法でアプローチするのはどこの国でも同じこと。上記の例を参考に、効果的なアプローチ方法を考えてください。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Googleアナリティクスが別アカウントへのプロパティ移動機能を…
  2. ブログホームページの作り方
  3. ピンタレストが新機能「ギャラリー」導入。カルーセル表示でおすすめ…
  4. 業務を軽減する「チャットボット」、作成ツールを利用して予算を抑え…
  5. 見込客のメールアドレスや電話番号眠っていませんか?Faceboo…
  6. TSUTAYAがOne to Oneのコミュニケーションをスター…
  7. YouTubeが購入型コメント権「Super Chat」導入
  8. Instagramを使ったマーケティングの成功例(2)

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行