Webマーケティングニュース

マーケティングオートメーションツール「xross data」に新機能搭載

株式会社セランは、クラウド型マーケティングオートメーションツール「xross data」にSMS配信機能を搭載し2017年10月30日より提供開始したことを発表しました。xross dataは低コストでOne to Oneマーケティングを実施したいというニーズにマッチするサービスです。2014年8月の提供開始から多くのWebサイトに導入されています。

昨今、SNSの台頭で電子メールの到達率や開封率が下がっているという状態があります。一方でLINEなどSNSのID連携率は10%程度で、フォローしている会員一人一人のニーズに合わせたメッセージを届ける手段とはなり得ていません。
このような状況の中で注目されているのが到達率の高いSMSなのです。

しかし、電子メール、SNS、SMSなどに別々の配信システムを利用した場合、それぞれのシステムに連携する開発コストが増加することに加え、データの一元管理ができずに運用が煩雑になるという課題があります。xross dataがSMS配信機能を搭載したことにより、各配信システムに対応したメッセージ配信プラットフォームとして活用することができます。

システム連携先はxross dataだけなので連携開発コストの負担が下がります。また、ユーザビリティの高い管理画面で各配信チャネルのメッセージを作成できるため運用ストレスがないというメリットがあります。xross dataのSMS配信は、99.9%のSMS到達率を実現しています。連携するSMS配信エンジンは、導入社数1200社の実績があるため安心して利用することができます。

SNS連携がメジャーになりつつある今、SMSという盲点に着目した機能追加が注目を浴びるでしょう。

参照元: [xross data] コミュニケーションに『SMS』配信機能を搭載。
執筆者:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 費用対効果が高いLPを!「ペライチ」と「売れるネット広告つくーる…
  2. App Annieが提供するアプリビジネスに役立つ分析ツールをリ…
  3. テレビとWebのメディアプラニングツール「Handy Media…
  4. はてな「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」をスタート
  5. LINE PayにSweet Conyデザインを追加で10代女性…
  6. インスタグラム新ショッピング機能をテスト。導入後は製品の売買が手…
  7. ニールセンが2016年インターネット利用者数調査の結果を発表!
  8. 博報堂、リアクタージャパンと業務提携で事業のデジタル化を統合的に…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行