Webマーケティングニュース

マーケティングオートメーションツール「xross data」に新機能搭載

株式会社セランは、クラウド型マーケティングオートメーションツール「xross data」にSMS配信機能を搭載し2017年10月30日より提供開始したことを発表しました。xross dataは低コストでOne to Oneマーケティングを実施したいというニーズにマッチするサービスです。2014年8月の提供開始から多くのWebサイトに導入されています。

昨今、SNSの台頭で電子メールの到達率や開封率が下がっているという状態があります。一方でLINEなどSNSのID連携率は10%程度で、フォローしている会員一人一人のニーズに合わせたメッセージを届ける手段とはなり得ていません。
このような状況の中で注目されているのが到達率の高いSMSなのです。

しかし、電子メール、SNS、SMSなどに別々の配信システムを利用した場合、それぞれのシステムに連携する開発コストが増加することに加え、データの一元管理ができずに運用が煩雑になるという課題があります。xross dataがSMS配信機能を搭載したことにより、各配信システムに対応したメッセージ配信プラットフォームとして活用することができます。

システム連携先はxross dataだけなので連携開発コストの負担が下がります。また、ユーザビリティの高い管理画面で各配信チャネルのメッセージを作成できるため運用ストレスがないというメリットがあります。xross dataのSMS配信は、99.9%のSMS到達率を実現しています。連携するSMS配信エンジンは、導入社数1200社の実績があるため安心して利用することができます。

SNS連携がメジャーになりつつある今、SMSという盲点に着目した機能追加が注目を浴びるでしょう。

参照元: [xross data] コミュニケーションに『SMS』配信機能を搭載。
執筆者:マーケティングワールド編集部

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. モバイルマーケティングを制するにはInstagramとYahoo…
  2. 適切なリードナーチャリングを可能にする「bodais for P…
  3. 小学生YouTuberゆなちゃんが2週間でチャンネル登録20万超…
  4. LINEがchatbotの普及に向け新たなMessaging A…
  5. 企業サイトを守る「GRED Web改ざんチェックon-premi…
  6. Youtubeがモバイルアプリから直接できる「ライブ配信機能」を…
  7. A/Bテストって必要?絶対に行うべき3つのメリット
  8. ヒトクセと電通、リッチな表現を実現する「バナーレボリューション」…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行