Webマーケティングニュース

インフルエンサマーケティングツール「iCON Suite」リリースから1年を経て

THECOO株式会社はインフルエンサーマーケティングを手掛ける企業です。同社が提供しているインフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」は2017年9月20日、サービス本格開始から1周年を迎えました。現在、同サービスを利用しているのは1000社、iCON Suite上で検索することができるインフルエンサーの数は10000名を超えるという実績を持っています。

インフルエンサーという単語はブログ利用者が増加した2007年頃から使われるようになった言葉で、「世間に与える影響が大きい行動をする人物」のことを指します。

同サービスを利用している企業の分野としては、アパレル、化粧品、車など幅広いジャンルに渡り、その活用方法も多岐に渡ります。2016年8月24日にサービスを開始し、SNS(Instagram、YouTube、Twitter)をまたいでのインフルエンサーとそのファンの性別・年齢データを検索できるツールとして活用されています。

また、以下の機能を持っています。
①インフルエンサー検索機能
②フォロワーのデモグラ分析
③インフルエンサーリストの作成
④インフルエンサー影響力分析
⑤レポートの作成

実際に同サービスを導入した企業担当者の声を紹介します。

-THECOOのiCON Suiteを利用するに至った経緯について教えてください。
鈴木氏:従来は、提案候補のインフルエンサーを探すとき、過去から蓄積したインフルエンサーのExcelデータを都度引っ張り出してきて検索していて、それが負荷になっていました。これに対して「一括で検索、管理できないか?」という課題感はありました。

iCON Suiteではオンラインでインフルエンサーを検索できるという事を知って、試してみようという話になりました。実際に、インフルエンサーのリストの管理、その後の施策へのアサインがスムーズに行くのであれば使う価値があると。また、新しいインフルエンサー探すツールとしての期待も大きかったです。

もちろん自社で、起用候補となるインフルエンサーのリストは持っているのですが、まだ把握していない候補群があるのではないかと考えていました。

このように、iCON Suiteを導入することで、インフルエンサー検索にかかるコスト低減と検索後のリスト管理の点で価値が生まれていることが伺えます。

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. LINEでおすすめ商品を顧客別にメッセージ配信するサービスが提供…
  2. Google AdWords、Click-to-message …
  3. キャラクターマーケティングの狙いと実際の効果とは?
  4. Facebookが企業向けSNS「ワークプレイス」を開始
  5. ソーシャルPLUSとProbanceが連携しLINEログインを通…
  6. 地産地消型の広告「47都道府県バナージャック」が提供開始
  7. 企業サイトを守る「GRED Web改ざんチェックon-premi…
  8. 正しくAMPは設定されてる?Googleの新テストツールでサイト…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行