デジタルマーケティング

2017年のSNSマーケティング実状調査

米国 Clutch サイトは Smart Insights と共同で、世界の従業員10人以上の企業のSNSマーケター344人を対象に調査を行いました。回答者の国分けは、英国(30%)、米国(22%)、オーストラリア(5%)、インド(5%)、ドイツ(3%)など、そのうち管理職(38%)、上級管理職(22%)、共同経営者(17%)などとなっています。また回答者の半数がB2B企業、半数がB2C企業に属しています。

消費者と一番つながれるコンテンツは何か?

 

回答によると、消費者と一番よくつながることのできるコンテンツは、記事、ビデオで、それに画像が続いています。その他のコンテンツ、プロモーション、インフォグラフィックス、クイズ/投票なども、ターゲットのデモグラフィックにアピールすることができれば、効果を発揮することがわかっています。

企業は過去の実績画像やビデオ、業界の今後の取引きや記事広告をSNSに掲載することができます。ビジュアルコンテンツは幅広い顧客にアピールすることができるため、他のタイプのコンテンツよりもSNS上で共有される可能性が40倍高くなっています。また、翻訳ビデオを使えば、他国の顧客に企業をより良く理解してもらうこともできます。

最も共有されるのは、オリジナルコンテンツ

SNS上で共有されているコンテンツのほぼ78% がオリジナルコンテンツです。そのうちオリジナルコンテンツのみをシェアしている企業は19%あります。オリジナルなコンテンツを投稿している企業は、消費者に企業をよく理解してもらうことができます。これはB2C企業には非常に大切なことです。

参照元:  Clutch
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 会社の取り組みを伝える。B2B企業のInstagramマーケティ…
  2. ツイートでピザを注文!ドミノ・ピザがソーシャルメディアを使って注…
  3. 米ヤフーがコンテンツマーケティング支援会社「Storytelle…
  4. TwitterやInstagramで!おすすめのハッシュタグを3…
  5. LINE Ads Platform(LAP)とは?
  6. WEB担当者必見!オンラインキャンパス「schoo」
  7. カンバセーショナルマーケティングとは?顧客と対話して関係強化
  8. Google AdWordsの広告文を工夫。消費者と従業員の意見…

ピックアップ

2018年世界ソーシャルメディア調査の要約

米国Smart Insights サイトは、米国におけるソーシャルメディアチャネルの普及に関する統計…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行