デジタルマーケティング

世界の企業はソーシャルメディアをどう利用しているか

現在世界中で20億人以上がSNSを利用しており、2018年にはその数は25億人に達すると予測されています。SNSは製品やサービスの購入に関して、テレビ広告とほぼ同じくらい消費者に影響を与え、このトレンドは上昇を続けています。米国サイト Clutch と Smart Insights が共同で、世界中の344人のSNSマーケターを対象に行った調査では以下のことがわかっています。

ソーシャルメディアの価値

52%のマーケターが「SNSはビジネスの収益を上げるのに役立っている」と答えています。また、48%のマーケターは「SNSは限られたインパクトを持っている」と答えています。

SNSを「ビジネスへの好ましい影響」と見る企業の数も増えています。SNSソフトウェアとサービスを提供する米国企業 Friendemic のCEO、スティーブ・ピアソン氏は「SNSの影響力は10年前には問題にならなかったが、SNSの歴史が伸びるにつれ、この先より多くの企業に影響を及ぼすだろう」と見ています。

Facebook と LinkedIn が最も人気

 

ビジネスに最も価値あるプラットフォームは、Facebook、LinkedIn、YouTube と Twitter です。世界中で5千万を超える企業が Facebook を利用しており、2015年に Facebook は 52%の顧客のオンライン/オフラインの購入に影響を与えました。

食品や消費者パッケージングを扱う Chipperfield Media社のCEO、シャーロット・チパーフィールド氏は「Facebookは多世代向きで、幅広い人々にアピールできるところが貴重だ」と答えています。

第2位のLinkedInは 4億5000万のユーザプロファイルを持ち、15億人のアクティブユーザを持つYouTube、13億のアカウントを持つTwitter がそれに続いています。第5位のInstagramは、10代の3分の1近くに「最も重要なSNSだ」と考えられ、人気急上昇中です。

参照元:  Clutch
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

 

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. SNSでビジネスを成長させる3つの方法
  2. 15年以上続くビジネス情報番組、AreaDを活用した発信力強化へ…
  3. リターゲティング広告とは何か
  4. 自社アカウントが凍結!?Twitterトラブルを回避するために知…
  5. 人工知能がロゴデザインを行う「Logojoy」
  6. LINE@を活用したビジネス活用事例
  7. 2018年1月にオープン予定!駐車場上の空間を活用した飲食店
  8. アメリカNFLのチーム実践。SNSでユーザーと交流して絆を強める…

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行