デジタルマーケティング

購読者がビジネスメールをスパムと判断する理由

消費者があなたの電子メールをスパムとマークした場合、それはあなたのブランドに不名誉になるだけでなく、既存の購読者への配信率がさらに悪化する可能性もあります。では、読者が「スパムとしてマーク」をクリックする原因は何なのでしょうか。Smart Insights サイトが解説しています。

ビジネスメールがスパムとマークされる理由

Technology Advice Researchは米国の成人472人に「ビジネスメールをスパムとマークする理由は何か?」と質問しました。その結果、「送られてくるメールの頻度が高すぎるため」と答えた人が半数近くの45.8%いました。メールの送信頻度に関しては、それぞれの国やセグメントによって異なるため一概には言えませんが、適した頻度で送ることが大切です。

次に36.4%の人が、「自分で意図的に購読したメールではないため」を理由に挙げています。 これは必ずしも「スパム」ではなく、購入やダウンロード中に自動的に購読に同意しなければならない暗黙のオプトインプロセスである「強制購読」が原因かもしれません。

ひとつ明らかなのは、「登録解除」よりも「迷惑メール」をクリックする方が簡単だったからということです。登録解除リンクが見つからなかったり、解除プロセスが、すでに設定を覚えていない「アカウントにログインして解除」しなければならないなど手間取る場合に、スパムとしてマークされることがありえます。

最後に18.6%の回答者が「その他」を選んでいるのは、メールマーケティングを正しく行うことがいかに難しいかを示しています。

まとめ

メールプログラムを開発するときには、次のことを考慮するとよいでしょう:

  1. 頻度 — 売り込もうとするメールにではなく、顧客に合わせてキャンペーンを行う。
  2. リスペクト-顧客に強制的に購読させると、維持率は低くなる。
  3. シンプルに — エンゲージメントを簡単で容易に保つ。顧客が購読を解除したい時は、簡単に解除できるようにしておく。

購読解除はスパムや苦情よりもはるかに良いものだからです。

参照元:  Smart Insights
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. オーストラリアの金融サービス業界を変革した企業役員たち
  2. LINEがカスタマーサポートサービス「LINE Customer…
  3. EC会員をセグメント分けしてLINEメッセージを送れるサービス始…
  4. ソーシャルメディア「ピンタレスト」のマーケティングチップス3選
  5. LINEがユーザーリサーチプラットフォーム「LINE Resea…
  6. デジタルステージ「BiND9」発売でついにCMSを導入
  7. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  8. Googleアナリティクスが別アカウントへのプロパティ移動機能を…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行