マーケティング全般

米国の中小企業主の3割が給料を取っていない

ビジネスオーナーとして自分の目標を定め、自らのビジネスの舵を取るのは、素晴らしいことのように思えます。しかし米国の中小企業向けローン検索業者 Funderaが409人の中小企業経営者を対象に行った最近の調査では、企業経営者の生活はそれほど楽ではないことがわかりました。

米国中小企業主のサラリー

この調査結果で一番衝撃的なのは、中小企業経営者の3割がサラリーを得ていないと答えていることです。それならもちろん、7割はサラリーを得ており、その額は一般企業労働者のサラリーをはるかに上回るものかもしれませんが、平均的な事業経営者は、平均的なサラリーマンよりも多く(夜間労働81%、週末労働89%)働いているのです。

ちなみに以下のグラフは、米国の平均的な企業のCEOと比べて、中小企業主のサラリーがどれだけ低いかを示しています。Funderaによれば、米国CEOの平均サラリーが $163,000であるのに対して、 回答した中小企業主のほぼ87%が、$100,000以下のサラリーだと答えています。

労働状況

上記の夜間労働をしていると答えた81%の企業主のうちの45%が、定期的にそれを行っています。週末も働いている87%の企業主の45%も、頻繁にそれを行っているということです。平均的な中小企業主の1週間の労働時間は40~49時間。米国労働者の週平均労働時間は38.6時間です。

まとめ

以上は米国の中小企業経営者の実状ですが、日本の中小企業ではどうでしょうか。フリーランスエコノミーが広まりつつある中、米国でも起業前に考えておくべきことはたくさんありそうです。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. Twitter4,000万人突破!2016年現在のSNS事情とは…
  2. ソーシャルメディアマーケティングで絵文字を使うには?ポイントと注…
  3. トランスコスモス、メッセンジャーアプリを利用したbotの自動応答…
  4. 【コラム】自社で編集権を持つとオウンドメディアは大抵面白くなくな…
  5. SNS利用動向に見るこれからのソーシャルメディアマーケティング
  6. ECサイトでぴったりサイズの服を勧める「unisize」ローンチ…
  7. コンテンツマーケティングで失敗してしまう4つのケース
  8. 没入感の高いFacebookの360度動画コンテンツ3選

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行