マーケティング全般

米国の中小企業主の3割が給料を取っていない

ビジネスオーナーとして自分の目標を定め、自らのビジネスの舵を取るのは、素晴らしいことのように思えます。しかし米国の中小企業向けローン検索業者 Funderaが409人の中小企業経営者を対象に行った最近の調査では、企業経営者の生活はそれほど楽ではないことがわかりました。

米国中小企業主のサラリー

この調査結果で一番衝撃的なのは、中小企業経営者の3割がサラリーを得ていないと答えていることです。それならもちろん、7割はサラリーを得ており、その額は一般企業労働者のサラリーをはるかに上回るものかもしれませんが、平均的な事業経営者は、平均的なサラリーマンよりも多く(夜間労働81%、週末労働89%)働いているのです。

ちなみに以下のグラフは、米国の平均的な企業のCEOと比べて、中小企業主のサラリーがどれだけ低いかを示しています。Funderaによれば、米国CEOの平均サラリーが $163,000であるのに対して、 回答した中小企業主のほぼ87%が、$100,000以下のサラリーだと答えています。

労働状況

上記の夜間労働をしていると答えた81%の企業主のうちの45%が、定期的にそれを行っています。週末も働いている87%の企業主の45%も、頻繁にそれを行っているということです。平均的な中小企業主の1週間の労働時間は40~49時間。米国労働者の週平均労働時間は38.6時間です。

まとめ

以上は米国の中小企業経営者の実状ですが、日本の中小企業ではどうでしょうか。フリーランスエコノミーが広まりつつある中、米国でも起業前に考えておくべきことはたくさんありそうです。

参照元:  Small Business Trends
執筆者:  シャヴィット・コハヴ

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. WWFに学ぶクリエイティブなソーシャルメディアマーケティング
  2. 米ヤフーがコンテンツマーケティング支援会社「Storytelle…
  3. なぜコンテンツマーケティングが主流に?要因を意識してサイトを強化…
  4. 画像だけじゃない!SNSで話題になる企業アカウントの投稿動画のコ…
  5. 24時間で消えるInstagrama Stories!マーケティ…
  6. 人気クリエイターを探せる、エビリーの週間クリエーターランキング
  7. ポケモンGOに学ぶコンテンツづくりとマーケティング戦略
  8. MA使えてる?企業が導入失敗に陥りやすい理由

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行