Webマーケティングニュース

クロールエラーってなに?評価を下げないために把握しておくべき種類

サーチコンソールを使用していて「クロールエラー」という文字を見たことがある人は多いと思います。サイトやページには問題ないはずなのになぜ?と疑問を感じますよね。今回は「クロールエラー」のよくある原因について解説していきます。

ソフト404エラー

比較的多いのが「ソフト404エラー」というクロールエラーです。クローラーと呼ばれる検索ロボットがサイトを訪問したものの、サイトやページが存在していない、という場合のエラーです。
SEO効果を重要視したサイトであれば、エラーページのカスタマイズがおすすめです。

アクセス拒否

何らかの理由によってクローラーがページやサイトにアクセスできなかった場合に起こるエラーです。Googleから「問題があるサイト・ページ」として評価されていたり、もしくは運営者側の設定として「クローラーをブロックスする」といった設定をしていると発生してしまいます。

サーバーエラー

こちらも比較的多いクロールエラーです。クローラーがブロックされたことによってアクセスできなかった場合に発生してしまうエラーで、パーマリンクの設定やサーバの設定、セキュリティ設定などを見直す必要があります。

404エラー

グーグルではなく、サーバーから受けるエラー報告。クローラーがサイトを訪問しようとした際に、「そのページはみつかりません」といったメッセージを受け取ります。この時クローラーは404コードを受け取っています。

 

参照元:バズ部

執筆者:粕谷 麻衣

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 企業のFacebookページのための5つのヒント
  2. LINEを活用したデジタルマーケティング
  3. ソーシャルメディアで顧客に嫌われてしまう企業の運用パターン
  4. トレンドのハッシュタグで注目を集める!Twitterで幅広い顧客…
  5. Twitterがダイレクトメッセージをパーソナライズする新機能導…
  6. criteo「ホリデーレポート」12月のオンラインショッピング動…
  7. キャラクターマーケティングの狙いと実際の効果とは?
  8. 「駅すぱあと」の移動予測データ広告「Adgram」でリアルタイム…

ピックアップ

今年のデジタルマーケティングの収穫

米国の広告代理店MDGのチームは、今年のデジタルマーケティングの収穫として、目的主導コンテンツの人気…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行