Webマーケティングニュース

クロールエラーってなに?評価を下げないために把握しておくべき種類

サーチコンソールを使用していて「クロールエラー」という文字を見たことがある人は多いと思います。サイトやページには問題ないはずなのになぜ?と疑問を感じますよね。今回は「クロールエラー」のよくある原因について解説していきます。

ソフト404エラー

比較的多いのが「ソフト404エラー」というクロールエラーです。クローラーと呼ばれる検索ロボットがサイトを訪問したものの、サイトやページが存在していない、という場合のエラーです。
SEO効果を重要視したサイトであれば、エラーページのカスタマイズがおすすめです。

アクセス拒否

何らかの理由によってクローラーがページやサイトにアクセスできなかった場合に起こるエラーです。Googleから「問題があるサイト・ページ」として評価されていたり、もしくは運営者側の設定として「クローラーをブロックスする」といった設定をしていると発生してしまいます。

サーバーエラー

こちらも比較的多いクロールエラーです。クローラーがブロックされたことによってアクセスできなかった場合に発生してしまうエラーで、パーマリンクの設定やサーバの設定、セキュリティ設定などを見直す必要があります。

404エラー

グーグルではなく、サーバーから受けるエラー報告。クローラーがサイトを訪問しようとした際に、「そのページはみつかりません」といったメッセージを受け取ります。この時クローラーは404コードを受け取っています。

 

参照元:バズ部

執筆者:粕谷 麻衣

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. インバウンドマーケティングを一貫評価!『オムニチャネルUXサーベ…
  2. マーケ界のインフルエンサーが教えるネガティブフィードバックへの対…
  3. LINEがchatbotの普及に向け新たなMessaging A…
  4. メディアサイトのファンユーザーを増やす「Loyalfarm」提供…
  5. 綺麗な画像でクリック率増加!マーケティングにはベクター画像がおす…
  6. 飲食・小売店は要チェック!「ShopCard.me」
  7. 【コラム】自社で編集権を持つとオウンドメディアは大抵面白くなくな…
  8. 従業員がインフルエンサーに。社内経験をシェアするLinkdlen…

ピックアップ

ビジネスを国際的に成長させるFacebookの 4 つの方法

来年はビジネスを海外へ発展させたいとお考えのビジネスオーナーの方。まず小さなところから始めたいという…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行