Webマーケティングニュース

LinkedInが変える!見込み顧客開拓への活用のメリット

現在さまざまなSNSがビジネス面でも活用されていますが、意外にもLinkedInを活用している日本企業は少ない傾向にあります。これは、せっかくの顧客開拓チャンスを逃すことになっているので、非常にもったいない状況です。LinkedInに関するビジネス活用のメリットについて迫っていきましょう。

ターゲット企業の組織内容を掴みやすい

業務を遂行する上での意思決定者や担当責任者。いったいこれが誰なのか。これが分かれば、ターゲット企業へのアプローチがしやすくなりますし、アプローチ方法も絞り込むことが出来ると思います。もしくは、組織内容を把握したうえで、別のSNSからアプローチをかけてみる、といった活用も可能になりますよね。

営業にあたって事前にターゲット企業を知ることができる

自社の製品を買ってください!契約してください!と根気よく営業していても、そもそも相手企業について何の予備知識を持っていなければ、相手の心をつかむことはできませんし、信頼を獲得することもできません。
効率よく、効果的な営業を行う上で重要なのは「事前知識」でもあります。どのような企業なのかを把握したうえで営業するためにも、LinkedInで掲載されている些細な情報もきちんとチェックしておきたいですね。

顧客企業の新着情報をキャッチできる

LinkedInでは、多くの企業が自社の情報を更新しています。人材情報、業務内容、業績、職場環境など、様々な新着情報をゲットできるのです。都合の良いタイミングを見計らって、いち早くアプローチすることが出来るのもLinkedInの魅力。
営業機会を逃さないためにも、ターゲット企業はきちんとフォローしておくとよいでしょう。

 

参照元:株式会社セールスフォース・ドットコム 

執筆:粕谷麻衣

 

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. ライバルをあなたのSEOに有利に役立てる方法
  2. 実購買傾向データに基づいたFacebook広告ソリューションが提…
  3. 「LINE Creators Market」の審査基準改訂でより…
  4. LINE内で接客する「チャットBOTガイドサービス」が提供開始へ…
  5. リアルタイムのデジタルサイネージ広告「VISIONIA」が提供開…
  6. ソーシャルメディアを効果的に使うために(3)
  7. 良質な体験を提供。使用頻度の高いコミュニケーションアプリを顧客サ…
  8. 人工知能「AIアナリスト」約8割のサイト改善を実現

ピックアップ

コンテンツマーケティングにSNSを組み入む方法

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアとは、お互いに補い合う関係にあります。コンテンツはソーシ…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行