Webマーケティングニュース

画像だけじゃない!SNSで話題になる企業アカウントの投稿動画のコツ

興味深い画像、楽し気な画像、驚きの画像など、ユーザーが思わずシェアしたくなるような画像を用意するのは決して簡単ではありませんよね。実際、大手企業でも、画像付きの投稿は常に注目されています。しかし、画像だけではなく「動画」でもユーザーをアッと驚かせることは可能。どのような職種に向いているのか、投稿するにあたってどのようなコツがあるのかなどについて解説していきます。

動画投稿がおすすめなのは「視覚」「聴覚」を刺激する職種

オシャレな服を扱うファッションブランドや店舗、美味しい食品を提供する飲食店、など、こうして視覚や聴覚を刺激する職種は企業アカウントで動画を投稿することをおすすめします。
例えば、ファッションブランドであれば、実際に自社ブランドの服に身を包む女性をモデルとして、歩いてもらったりその場で1回転してもらったりするだけで、その服の着用感や具体的なイメージなどが伝わります。
飲食店であれば、お肉を焼くシーン、職人技が光る一部始終などを投稿すると、話題を集めることになったり、おいしそうな様子にユーザーを来店へと導くことが出来たりします。

動画を投稿するコツ

動画は短いほうが閲覧されやすい傾向にあります。常に様々な情報に触れていたいユーザーにとって、長い動画はあまり好まれません。目安としては10秒以下、5~7秒程度で十分です。
素直に数秒間だけカメラを回していても良いですし、時間をかけて撮った動画を早送りにして数秒にまとめてもOK。
このわずかな撮影時間の中で、心を引き付ける動画を作成してみてくださいね。

 

参照元:インスタアンテナ

執筆:粕谷麻衣

 

SNS運用代行なら新大陸

関連記事

  1. 米国の中小企業主の3割が給料を取っていない
  2. LINEとワークスモバイルがビジネスチャットを提供予定
  3. LINEがカスタマーサポートサービス「LINE Customer…
  4. LINEの法人向けカスタマーサービス「LINEカスタマーコネクト…
  5. 主要国でのEC市場規模調査で日本は米国・中国に次ぐ3位に
  6. QnaryとNews2uが提携し情報発信支援サービスを展開へ
  7. ROIが最も高い広告形態はどれ?
  8. ライブ配信のタイミングとは?おすすめは定期的に配信すること

ピックアップ

強力なソーシャルメディア戦略に必要な4つの要素

現在のオンライン広告競争激化の中でも、ソーシャル広告に費用を費やすことは素晴らしいアイデアだと言えま…

おすすめの記事



PAGE TOP
結果が出るSNS運用代行